アイフルで総量規制以上の借入をする方法は?

▼人気カードローンランキング
  おすすめ順 金利 限度額
アイフル 3.0%〜18.0% 1万円〜800万円
楽天銀行スーパーローン 1.9〜14.5% 最大800万円
住信SBIネット銀行Mr.カードローン 年0.99%〜14.79% 最高1200万円

アイフルで総量規制以上の借入をするには?

 

アイフルも消費者金融業者ですので、総量規制の適用を受けます。年収の3分の1以上の借入はできません。ただ、アイフルには条件の有利なおまとめローンがあり、これを使うと総量規制以上の借入も可能になります。

 

アイフルと総量規制

アイフルは総量規制の対象

アイフルは消費者金融業者ですので、貸金業法の総量規制の適用を受けます。申込者の年収の3分の1以上の貸し出しはできません

 

これはアイフル1社の借入額ではなく、他の消費者金融業者やクレジットカードのキャッシング枠、信販会社のキャッシング枠を合計した額です。

 

たとえば年収300万円の人がアコムで50万円、JCBのクレジットカードのキャッシング枠で20万円借入しているとき、アイフルは限度額30万円までしか契約できません。

 

アイフルでは利用限度額の最大を800万円としていますが、実際に借りることのできる金額は総量規制の範囲内です。800万円を借りようとするなら、最低でも年収は2400万円必要です。

 

ただ、最高限度額が高めの設定であるとき、初回の限度額が低めの設定になっている人は総量規制の範囲内で限度額の引き上げに応じてもらいやすいという面があり、アイフルに申し込んでおくことは利用価値は高いと言えます。

 

自分が総量規制に引っ掛かっているかどうかを調べたいという人は、アイフルの「1秒診断」を試してみましょう。アイフルの公式サイトのトップページにあります。あくまで診断なので審査ではありません。

 

審査したという実績にもなりませんが、参考にはなります。「年齢・雇用形態・年収・他社借入額」の4項目を入力すると、借入が可能かどうかを判断してくれます。

 

もし「ご入力いただいた情報では借入可否を判断できませんでした」などの表示された場合には、総量規制に抵触している可能性が高いと言えます。

 

おまとめローンなら総量規制以上に借りられる

他社からの借入件数や借入額が多く、毎月の返済に追われているという人は、アイフルのおまとめローンを検討してみましょう。

 

アイフルのおまとめローンは総量規制の例外貸付にあたります。これは多重債務者の救済措置のひとつで、貸金業者からの借入が年収の3分の1を超えてる場合でも利用可能です。

 

おまとめローンは、複数の借入を1つにまとめるローン商品です。複数の業者から借入をして、その枠も限度額に達してしまうと1社に返済しては借りてまた別の業者に返済するという「自転車操業」のような状態になってしまいます。

 

月に何回も返済日がやってくるので、常に借金のことを考えていなければなりません。精神的にもダメージがあり、仕事に差し支えのあるときもあるでしょう。うっかり返済を忘れると、遅延や延滞が記録されてブラックリストに入ってしまいます。

 

そうなる前の、まだ自分に返済能力が残っているうちに借金を整理するというのが「おまとめローン」です。貸金業法でも「利用者に一方的に有利となる借換」として総量規制を超えても借入できることになっています。

 

おまとめローンはこのように、返済の負担を軽減するための救済的なローンで、返済専用ローンです。いったんおまとめローンを利用したら追加でお金を借りることはできません。ブラックリストというわけではありませんが、一種の救済措置であるため新たな金融商品を利用してはならないことが規約として定められています。

 

おまとめローンは総量規制の例外貸付

おまとめローンは、総量規制の「例外貸付」という制度です。複数のカードローンでキャッシングしてその返済をしているとき、なかなか返済が終わらないということは良く起こります。

 

返済日の管理も大変ですし、借入が一本化できれば負担は軽くなります。総量規制は、そもそも多重債務者問題を解決するための規制です。何が何でも年収の3分の1以上は借りられないという制限ではなく、たとえば緊急に医療費が必要になった場合や、担保によって返済が見込める借入には適用されません。

 

多重債務者を増やさないための規制ですので、「多重債務に陥っているが、返済能力があって、借金を一本化して毎月の負担さえ減れば返せる」という人には、例外としておまとめローンでの総量規制を超えた貸付を認めているのです。

 

おまとめローンは「顧客に一方的に有利となる借換」ですので、結果的に借金の負担が減らなければ意味がありません。

 

顧客が一方的に有利になるということは、以下の条件を満たしている必要があります。
  • 返済総額が軽減されること。
  • 毎月の返済額が減ること。
  • 返済期間が短くなること。

 

このため、おまとめローンでは「必ず金利が有利となる」仕組みが導入されています。

 

アイフルのおまとめローン

アイフルのおまとめローンは、貸金業法の「規則第10条の23第1項第1号または第1号の2」に基づく商品とされています。

 

これは、貸主(業者側)が借主(消費者側)の負担している債務を弁済するために必要な資金を貸し付けることを指します。つまり、それまでの借入したお金を、このローンによって返済することを意味します。

 

借入した資金の使途は「借主が貸金業者または貸金業者とみなされる者と締結した貸付に係る契約に基づき負担する債務の弁済」となっており、これも貸金業者と消費者が契約した借入の返済に充てることとするという規定です。

 

アイフルの公式サイトにはさらに、借換の対象となるのは、銀行や貸金業者からの債務のほか、クレジットカードのショッピング債務となっています。

 

この点は注目すべきところで、アイフルのおまとめローンは、アコムやプロミスといった消費者金融業者だけでなく、銀行のカードローンからの借入の返済にも対応しています。

 

ショッピング枠利用による借入にも利用できるという点も利便性を高めた商品と言っていいでしょう。個人消費者として利用する可能性のある借入をすべてカバーしている商品です。

 

2種類のローンがある

アイフルには

  1. 「おまとめMAX」
  2. 「かりかえMAX」

という2つのおまとめローンサービスがります。スペックの面での違いはありません。

 

すでにアイフルで借入していて、それと他社との借入金をまとめて借換したいという場合には「おまとめMAX」を利用し、アイフルの利用が初めてで他社の借入をアイフルでまとめたいという場合には「かりかえMAX」を利用するというだけです。

 

以前は「おまとめMAX」を利用するほうが金利面で有利ということもありましたが、現在では同様のレベルの金利となっています。

 

スペック
貸付対象者
  • 満20歳以上の定期的な収入のある人
  • アイフルの定める基準を満たす人
資金使途 アイフルおよび他社借入金の借換
金利 年率3.0%〜17.5%
遅延損害金 年率20.0%
返済方式 元利定額返済方式
返済額 毎月定められた固定額
担保・保証人 不要
必要書類
  • 他社借入条件が確認できる書類
  • 本人確認書類
  • 源泉徴収票など収入証明書

 

元利定額方式とは、毎月の返済額が一定で、そのなかに利息分を含む返済方式です。返済するごとに利息部分は減っていくため、借入残高が少なくなると元金部分への充当額が多くなっていきます。

 

アイフルの公式サイトには年率15.0%で3年・5年・7年・10年で返済した場合のシミュレーションが記載されていますが、たとえば融資額が100万円で36回返済するとき、毎月返済額は3万5000円で最終支払額は1万5405円となっています。最後の1回で調整する方式になります。

 

アイフルの利用が初めてのとき

アイフルの利用が初めてで「おまとめローン」を利用するときには、「かりかえMAX」を利用することになります。申し込みは基本的にネット経由です。

 

本人確認書類と収入証明書を準備する。

本人確認書類として利用できるのは、運転免許証・パスポート・顔写真の記載のあるマイナンバーカード、健康保険証です。収入証明書として利用できるのは、最新のもの2ヶ月分の給与明細書・年度が最新の源泉徴収票または確定申告書です。納税通知書や所得証明書でも通用します。

 

注意したいのは、ネットでの申し込みではスマホで撮影したもので通りますが、無人契約機や店頭で申し込みするときには原本でなければならない点です。

 

インターネットで申し込みする。

申し込みは通常のローンの申し込みからになります。そのため、「おまとめローン」の利用であることを通知する必要があります。

 

  • ネットで申し込んだ直後にアイフルに電話して伝える。
  • アイフルの仮審査終了後の電話連絡時に伝える。

 

審査完了後の手続き

審査が完了した後に、電話連絡によっていくつかの事項について確認されます。たとえばどの業者をまとめるのか、また業者では金利は何パーセントで借りているのかといった内容です。

 

この時点で審査は通過していますが、融資金額や適用される金利はまだ決定していません。

 

本審査から契約

本審査では本人確認書類と収入証明書の提出、また職場への在籍確認の連絡があります。

 

融資

通常のカードローンと同様に、自分で借りて債権者に返済してもいいですし、アイフルのほうから振込手続きをすることもできます。

 

申し込みの条件

アイフルのおまとめローンは、「20歳以上の安定した収入のある人」となっており、年齢の上限がありません。ただ、仕事をしていて収入があることが条件ですので借入額や返済期間から考えて制限ができてしまう可能性もあります。

 

安定した収入があれば良いため、正社員だけでなく派遣社員や契約社員でも申し込みできますし、パートやアルバイト、自営業者でも申し込み可能です。年金受給者、専業主婦、学生は利用できません。今までアイフルを利用したことがあるかどうかで申し込みできる商品が変わるだけです。

 

幅広いおまとめに対応している

アイフルのおまとめローンの特徴は幅広いおまとめに対応しているという点です。資金使途は消費者金融業者からの借入だけでなく、銀行のカードローンやショッピング利用による借入にも対応しています。

 

こういったローンや借入をすべて債務として扱って、おまとめの対象としています。

 

以下のような借入にすべて対応しています。
  • 銀行ローン
  • 銀行カードローン
  • クレジットカードのショッピング枠
  • クレジットカードのキャッシング枠
  • リボ払い
  • 消費者金融業者からの借入
  • 街金からの借入

 

ただし、銀行のカードローンもまとめられるかどうかは審査次第であり、なかには対象とならないケースもあるので注意しましょう。

 

アイフルだけの特徴

消費者金融業者には、アイフルの他にもおまとめローンを提供している業者があります。ただ、アイフルには「銀行のローンもおまとめの対象」という大きなメリットがあります。他の消費者金融業者には銀行のローンは対象とならないことが多くあります

 

というのも、現在ではおまとめローンの取り扱いのあるような大手の消費者金融業者は銀行の傘下に置かれているため、他行の借入を引き受けるのが困難になっているからです。アイフルは銀行の傘下に入っていない「独立系」の業者であるため、銀行のローンでもまとめられるのです。

 

おまとめローンは「顧客に一方的に有利な借換」となる必要があるため、必ず金利を下げることになっています。

 

消費者金融業者のおまとめローンで金利が下がるなら、まずは総量規制の適用を受けない銀行で総量規制を超えたお金を借入して、消費者金融業者で借り換えるという手法を使えば、銀行よりも低い金利で借入ができてしまいます。

 

そうなると消費者金融業者のデメリットである総量規制と高金利の両方を解消した借入が可能になってしまいます。銀行とすると「いいように利用された」ことになります。そういった事情があるため、通常は消費者金融業者では銀行のローンをまとめることはできませんが、アイフルでは可能です。

 

返済専用ローンである

おまとめローンの利用で注意したいのは「返済専用ローン」であるという点です。マイカーローンや住宅ローンのようなもので、契約ごとの1回限りの借入です。通常のカードローンのように追加で借入することはできません。

 

また、おまとめローンの返済している最中に新規で他社から借入するのは契約違反となります。というのも、これが「多重債務者の救済措置」として総量規制を超えて借入できる制度だからです。

 

単に年収の3分の1以上借りられるという制度ではなく、それほど借金が膨らんでしまった人に生活を再建してもらうためのものですから、ローンを返済している途中で新規の借入をしてしまったら、本来の目的を逸脱してしまいます。

 

アイフルや他社で新規に借入できるようになるのは、完済してからになります。ただ、まったく不可能というわけではなく、追加借入を相談することは可能です。

 

とはいっても、年収300万円の人が銀行や消費者金融業者、クレジットカードのショッピング枠を含めて150万円をアイフルでまとめた場合には、50万円は返済してあって利用残高が100万円以下にならないと借入できません。あくまで総量規制の枠内で借りることになります。

 

アイフルのおまとめローンではここに注意

来店か郵送

アイフルのおまとめローンの申し込みで注意したいのは、来店契約か郵送契約の2つしかないという点です。

 

おまとめローンを提供している銀行には住信SBIネット銀行などのネットバンクもあり、こちらはネットを通じて契約できますが、アイフルの場合には店頭に行くか郵送による申し込みしかできません。

 

アイフルの店舗は全国に20店あまりしかないため、来店が難しいこともあります。その場合には郵送で契約するしかありません。

 

来店契約の流れ

電話または公式ホームページで申し込み→審査を受ける→結果通知は電話→店舗に行き、必要書類を提出して手続き→カード発行→アイフルから振込返済または自分で返済

 

郵送契約の流れ

電話または公式ホームページで申し込み→審査を受ける→結果通知は電話→契約に関する書類やカードが郵送される→必要事項を記入して必要書類を添えて返送→書類に不備がなければ契約→カード発行→アイフルから振込返済または自分で返済

 

店舗に行って契約できれば、申し込み当日の即日融資も可能ですが、郵送の場合には1週間程度かかります。銀行のおまとめローンでは口座開設は必須ですが、アイフルの場合にはそいういった手間は不要です。

 

必要書類

本人確認書類

運転免許証・パスポート・健康保険証・顔写真入りのマイナンバーカード

 

収入証明書

源泉徴収票・所得証明書・確定申告書

 

いずれも最新のものである必要があります。直近2ヶ月の給与証明書でも通用しますが、これは相談次第です。事情は考慮してもらえますので、担当者に良く話しておきましょう。

 

他社の借入が確認できる書類

現在どのくらい他社で借入しているのかを確認できる書類も必要になります。契約書やATMで取引したときの明細書などです。複数社で借入しているときは、すべての業者・会社の分を用意する必要があります。

 

アイフルの場合には、銀行のカードローンでもクレジットカードのキャッシングでもまとめることができますが、借入の明細書などはキャッシングしたその場で捨ててしまいがちです。おまとめローンを利用する際には重要な書類となりますので、とっておきましょう。

 

もし手元になければローン会社などに再発行してもらいましょう。

 

融資金は業者へ直接入金

アイフルの「おまとめMAX」も「かりかえMAX」も、利用者自身の手元に入金されて、そこから借入先に返済することもできますし、アイフルから業者に直接振り込んでもらう手続きを採ることもできます。

 

アイフルの公式ホームページでは他社(各社)等への返済は「お客様に行っていただきたいこと」とされていますが、これは手続き次第です。「お客様に代わり、アイフルより振り込む場合があります」という但し書きも添えられています。

 

どちらが良いとは言い切れませんが、利用者の手元にいったんお金が渡るときには、自分でそれぞれの業者や銀行に返済する手間が生じます。うっかり使ってしまう可能性もあるでしょう。

 

アイフルが振り込む際には、利用者の名義で返済されますし振込手数料もアイフルで負担してくれます。代行手数料のようなものを請求されることもありません。

 

おまとめローンには利用者自身が自分で返済したときに完済証明書を取得して提示する必要があるローンもありますが、そういった義務は公式ホームページには記載されていません。

 

返済

アイフルのおまとめローンの返済方法は指定した銀行口座からの自動引落です。手数料は無料で、毎月6日・23日・27日のいずれの日を指定します。選択肢が3択しかありませんが、おまとめローンには返済日が毎月業者の都合で決められるケースもありますので良心的と言えます。

 

アイフルから借入するときも返済するときも、口座を経由できますが手数料を一切かけずにやり取りできます。臨時収入があったり、貯蓄した分を返済に回そうとしたりするときには、繰り上げ返済も可能です。

 

アイフルのおまとめローンは、原則的に追加融資はされませんがカードは発行されます。このカードは繰り上げ返済に使うためのもので、借入はできません。

 

アイフルの契約機などに併設されているATMでは手数料は無料ですが、コンビニの提携ATMだと108円から216円程度の手数料がかかるので注意しましょう。

 

繰り上げ返済しよう

おまとめローンは複数社のローンを一気に返済し、返済先を1つに絞ることによって利用者の負担を減らすことが目的のローンです。

 

アイフルのおまとめローンは、銀行やクレジットカードのキャッシング、消費者金融のカードローンなど適用範囲が広いため、まとめるときも高額の融資になりがちで、毎月の返済額も大きなものとなります。

 

年率15%で融資を受けて3年で返済するとき、毎月の返済額は以下のようになります。
融資額 毎月返済額 最終回の返済額 総返済額
100万円 3万5,000円 1万5,405円 124万405円
200万円 7万円 3万832円 248万832円
300万円 10万4,000円 9万233円 373万233円
500万円 17万4,000円 12万1,085円 621万1,085円

 

臨時の収入があったときにカードを使って返済すると、その分だけ楽になります。毎月の口座振替による返済を抑えめにして長期間の返済を設定し、繰り上げ返済をしていくという方法も考えられます。
返済中に毎月の返済額をアップしたいときには、契約そのものを変更しなければならず、手続きが煩雑になります。契約を見直すよりは繰り上げ返済を習慣とするようにしましょう。

 

まとめ

アイフルでの総量規制以上の借入は、いわゆる「おまとめローン」と呼ばれる証書貸付になります。アイフルは消費者金融ですので審査は銀行よりは緩めで、しかも銀行のローンからクレジットカードのキャッシングまで幅広く対応しています。

 

契約には来店しなければ郵送で時間がかかりますが、借金をまとめたいときにはおすすめできるローンです。

総量規制対象外おすすめランキング