総量規制の対象外にSMBCモビットは含まれる?借入は年収の1/3まで

総量規制の対象外にSMBCモビットは含まれる?借入は年収の1/3まで

三井住友銀行グループが提供している大手消費者金融であるSMBCモビット。利用しやすいことから、多くの利用者がいますが、キャッシングは総量規制の対象外なのでしょうか。

 

今回は、そんなSMBCモビットのキャッシングが総量規制の対象外なのか、詳しく解説していくので、参考にしてみてください。

 

SMBCモビットは総量規制の対象

大手消費者金融であるSMBCモビットですが、結論からいうと借入した分は、総量規制の対象となります。具体的には、総量規制とはどういったものなのか、SMBCモビットの特徴を踏まえて解説していきましょう。

 

キャッシングの借入は貸金業法において上限が決められている

SMBCモビットは、三井住友銀行グループが提供しているカードローンであるため、銀行カードローンとして勘違いされることが多く、総量規制の対象外として間違える方が多いのです。

 

しかし、2017年4月からは、銀行カードローンも総量規制の対象となっているため、どちらにせよSMBCモビットのキャッシングは、貸金業法によって上限が決められています。

 

貸金業法によって個人に貸し付けられる金額の上限は、前年度年収の1/3のみと決められているため、SMBCモビットで借入する時も、総量規制に従って前年度年収の1/3のみとなるのです。

 

2017年4月に銀行カードローンの総量規制が厳しくなったのは、多重債務の問題が大きくなり、解決するためには、まずは返済負担を減らすための措置として取り決められたからです。

 

おまとめローンの取り扱いはなし

総量規制以上に借りたい方は、おまとめローンであれば、総量規制の対象外として扱われているので、借入することが可能です。

 

しかし、SMBCモビットは、おまとめローン専用商品がないため、カードローンのみしか契約することができません。

 

融資の限度額が高いため、おまとめローンとして活用する方も中にはいますが、総量規制の対象となっている商品なので、うまく活用するのは難しいかもしれません。おまとめローンを利用したいのであれば、他の消費者金融で契約する必要があるでしょう。

 

ショッピング枠もなし

クレジットカードに付随しているショッピング枠は、直接お金の借入をしていない、返済専用のカードローンであるため、総量規制の対象外として活用することが可能です。

 

しかし、SMBCモビットのカードローンは、キャッシング専用のカードローンで、ショッピング枠がついていません。そのため、ショッピング枠を活用することができないので、注意が必要です。

 

ショッピング枠を活用したいのであれば、消費者金融のカードローンよりも銀行カードローンの方が付随していることがあるので、申請してみるといいでしょう。

 

SMBCモビットは限度額が高いためおまとめローンとして活用

おまとめローン専用のローン商品を取り扱っていないSMBCモビットですが、おまとめローンとして活用する方法もあります。キャッシングのみのカードローンが基本ですが、どのような使い方で、どんな特徴を持っているのか、解説していきましょう。

 

限度額が高いため一本化にすることも可能

SMBCモビットは、他の消費者金融と比べても、キャッシングの限度額が高いため、通常のカードローンを契約し、そこから他社の借入分を返済して、おまとめローンのように活用することが可能です。

 

実際に限度額は800万円と高額になっているので、利用してみる価値はあるといえるでしょう。また、返済を一本化することで、月々の返済金を減らすことができるので、毎月の返済負担が大きいという方は試してみてください。

 

あくまでキャッシングのみ

SMBCモビットでおまとめローンとして活用するといっても、契約内容はあくまでキャッシングのみの対応となっています。

 

そのため、おまとめローンと違い、SMBCモビットは総量規制の対象内で借入する必要があるため、高額の借入が難しく、うまくおまとめすることができない可能性があります。

 

おまとめローンのように使うのは問題ありませんが、SMBCモビットのキャッシングは総量規制の対象となっているので、借入金額には上限が設けられていることを忘れずに覚えておきましょう。

 

金利が高いため注意が必要

SMBCモビットでおまとめローンとして活用しようと考えても、契約自体はキャッシングのカードローンとなっているため、比較的金利が高い傾向にあります。

 

他のおまとめローンと比べても金利が高く設定されているため、借入残高や借入日数が大きくなれば、利息が高くなってしまう可能性があります。

 

そのため、SMBCモビットでおまとめローンとして高額借入するのではなく、他の消費者金融でおまとめローンを契約した方が効率がいいでしょう。

 

SMBCモビットのメリット

総量規制の対象外であるおまとめローンがないSMBCモビットですが、キャッシングだけでも大きな利用者がいて、使い勝手のよさが評価されています。どんなメリットがあることで、利用者が使用しているのか、SMBCモビットの特徴を解説していきます。

 

申し込んだ日に借入可能

SMBCモビットを利用するメリットとして、申し込んだその日融資を受けられるスピーディーさにあります。急にお金が必要になった時に、即日振込してくれるのは嬉しい特典です。

 

また、申し込みの方法にも2種類あり、「WEB完結」と「カード申込」があります。WEB完結の場合は、必要書類と必要事項を記入することで、審査を受けることが可能なので、電話で対応する必要がありません。

 

そのため、手続きが早く済み、融資を受けるまでの時間が短いのが魅力です。

 

SMBCモビットのWEB完結での申請を行うためには、事前に三菱東京UFJ銀行か、三井住友銀行の口座を持っている必要があるので、申請するために取得しておくようにしましょう。

 

カード申込の場合は、WEBサイトで必要事項を記入する時に「カード発行型」で申し込みます。その後、ローン契約機で受け取るか、郵送のどちらかを選択して、手元に届いた時点で使用することが可能です。

 

限度額が高い

融資額をより多くしてもらいたい場合には、融資額の上限が高いところで審査を受ける方がおすすめです。その点、SMBCモビットは限度額が高いという特徴を持っています。

 

SMBCモビットの場合は、限度額が800万円と消費者金融の中でも高い傾向にあるため、融資をより多く受けることが可能です。しかし、借入できる範囲は、総量規制の対象内である前年度の年収1/3のみとなっているので、高額借入は難しいでしょう。

 

限度額が高いことから、おまとめローンとして活用すること方もいるので、特徴を活かしてキャッシングをうまく使えるのが、SMBCモビットの特徴といえます。

 

家族に秘密にできる

キャッシングをしたことを家族に秘密にしたい場合は、WEB完結やカード発行でローン契約機を活用すれば、誰にもバレずに借入することが可能です。

 

特にWEB完結であれば、本人確認の電話がある以外は、電話でやり取りを行う必要がないので、手間も省けます。ローン契約機は、三井住友銀行内に設置されているので、わからない時は銀行を探してみるとすぐに見つかるでしょう。

 

しかし、WEBで申し込む際に、カード発行を郵送に設定していると、契約の際に記入した住所にカードが送られるため、家族にバレてしまう可能性があります。

 

間違えないように、慎重に設定する必要があるので、注意して申し込むようにしましょう。

 

安定した収入があればアルバイトや主婦でも借入可能

総量規制の観点から、収入があり前年度年収の1/3しかキャッシングすることができません。しかし、少ない収入であっても、ある程度安定した収入があれば、SMBCモビットで借入を行うことが可能です。

 

定期的な収入があり、年収の1/3であれば、アルバイトやパート主婦、自営業の方でもSMBCでキャッシングを行うことができます。

 

収入が少なくて無理だと思っても、一度相談してみると、審査に通ることもあるため、電話で聞いてみるのもいいでしょう。

 

借入の対象は満20歳以上から69歳以下となっているので、定期的な収入があって安定した仕事をしている方でも、19歳以下であればSMBCモビットでは借入できません。

 

総量規制対象外のおまとめローンは他社がおすすめ

限度額が高いSMBCモビットは、おまとめローンとして活用することも可能ですが、実際にはキャッシングのカードローンであるため、金利が高く、総量規制の対象でもあるため、うまく使うのは難しいでしょう。

 

どうしても、おまとめローンが活用したいのであれば、他社でおまとめローンを申し込む方がおすすめです。どんなところで、おまとめローンを申し込む方がいいのか、詳しく解説していきます。

 

他社にも借入がある場合、高額借入ができない

まず他社のおまとめローンを紹介する前に、SMBCモビットでおまとめローンとして活用する場合のデメリットを解説します。

 

SMBCモビットでおまとめローンとして活用しようとする場合、総量規制の対象であるため、他社に借入していた分、高額借入ができずに、他社の借入分を返済するほどの金額を借入することができないでしょう。

 

他にも金利がおまとめローン専用商品と比べると高いため、借りるほど後から支払う金額が高くなるので、SMBCモビットをおまとめローンとして活用するのはおすすめできないというのが結論です。

 

アイフルのおまとめローンは総量規制対象外

おまとめローンを申し込みたいのであれば、アイフルのおまとめローンである「おまとめMAX」と「かりかえMAX」がおすすめです。

 

どちらのローン商品も総量規制の対象外であるため、総量規制の額を超えて、借入することができます。しかし、おまとめローンで借入できるお金は、他社借入の返済分なので、注意しましょう。

 

もし、他社借入の返済分として活用しなければ、おまとめローンの借入分の一括返済が求められることがあるため、気を付ける必要があります。

 

二つのおまとめローンの違いは、おまとめMAXがアイフルの利用者向けで、かりかえMAXがアイフルで利用したことがない方に向けてのローン商品です。

 

金利はおまとめMAXの方が低いため、アイフルを利用している方はおまとめローンを組みたい時は、おまとめMAXで申し込むといいでしょう。

 

中小消費者金融にもおまとめローンがある

比較的、大手消費者金融よりも審査が通りやすいと言われている、中小消費者金融でもおまとめローンがあります。

 

限度額が低い傾向にありますが、おまとめローンで一本化できるのは、月々の返済金額を減らすことができるため、活用するのも一つの手です。

 

しかし、正規の消費者金融であるか、見極める必要があるので、「総量規制以上にキャッシングできる」といった誇大広告が載っている中小消費者金融は利用しないようにしましょう。

 

中には債務整理中でも審査が通るほど、柔軟な対応をしてくれる中小消費者金融も存在しているので、返済に困った時は中小消費者金融のおまとめローンを活用してみてください。

 

おまとめローンやショッピング枠以外の総量規制の対象外になるもの

総量規制の対象外である条件は、直接現金のやり取りがなく、返済専用のローンであるということです。条件を満たしているおまとめローンとショッピング枠以外にも、総量規制の対象外となるものがあるので紹介します。

 

住宅ローン

家の購入や土地購入の際に、組んだローンは総量規制の対象外となります。他にも、リフォームなどの不動産改良で組んだローンも対象外となるので、覚えておきましょう。

 

家や土地の金額は高額になるものがほとんどです。もし、総量規制の対象になっていれば、ほとんどの方がキャッシングを利用することができなくなります。

 

目的に応じて借入し、返済専用であるため、総量規制の対象外として認められているのです。

 

自動車ローン

車を購入するために利用する、自動車ローンも総量規制の対象外になっています。自動車ローンも返済専用ローンとなっているので、直接現金の借入は行われていません

 

そのため、総量規制の対象には選ばれていないのです。

 

医療ローン

医療費や治療費を目的に行う医療ローンも総量規制の対象外です。病院と提携しているクレジット社と契約することで、認められる医療ローンですが、組んでいてもキャッシングの総量規制の対象とならないので、安心してください。

 

ただ、総量規制上限まで借入を行っている方が、新規にローンを組むと、審査が通らない可能性があるので、注意が必要です。

 

総量規制対象外ではないがSMBCモビットは使い勝手がいい

おまとめローンやショッピング枠は総量規制の対象外で、総量規制以上に借りたい時に活用できる便利なカードローンです。

 

SMBCモビットのカードローンはキャッシング専用のため、おまとめローン・ショッピング枠のどちらも利用できません。しかし、即日振込が可能なサービスやWEB完結で家族に秘密で借入できる利便性は高いといえるでしょう。

 

そのため、使い勝手を求めるのであれば、SMBCモビットを利用してみるのもおすすめです。

 

総量規制対象外おすすめランキング