三菱東京UFJ銀行カードローンなら専業主婦でも利用可能

消費者金融で専業主婦が借入することは難しいものです。総量規制があるためといわれていますが実際にはそうではありません。

 

消費者金融で専業主婦が借入できない理由

実は貸金業法では「配偶者貸付」を認めています。総量規制の例外です。

 

専業主婦、専業主夫は「配偶者と合算して二人分の借入が二人分の年収の3分の1まで借入ができる」とされています。
一般的な申し込み書類に加えて必要な書類があります。

 

  • 配偶者の同意書
  • 配偶者との婚姻関係を示す書類(住民票または戸籍謄本)
  • 一定額以上の場合には配偶者の年収を証明する書類

 

配偶者貸付では「配偶者の年収を審査の参考」にしています。そのため同意書や夫婦関係証明書類が必要になりますが、保証人、連帯保証人ということではありません。

 

同意書の意味
  • 個人信用情報機関へ信用情報を提供すること
  • 配偶者と貸し付け契約を提携する

 

連帯保証人ではないとはいっても、実質的には配偶者の収入が返済に充てられることになるため同等の意味を持つでしょう。

 

それでも消費者金融では専業主婦の借入はできない

このように総量規制の例外として配偶者貸付があるものの、現実では消費者金融で配偶者貸付を行うところはほとんどありません。

 

あくまでも「本人に安定した収入があることが条件」となっています。

 

銀行カードローンなら専業主婦も可能性がある

すべての銀行カードローンというわけではありません。限られた銀行ではありますが、専業主婦の配偶者貸付を認めています。

 

すべての銀行対応ではない

基本的には銀行カードローンでも配偶者貸付はありません。一部の銀行だけが対応しているものであり、中にはジャパンネット銀行のように専業主婦には対応しているものの専業主夫には対応いていないということもあります。

 

覚えておきたいのはやはり同意書が必要になるということです。
配偶者に事情を伝えないまま、配偶者貸付を利用することはできません。また、特徴として「融資限度額が少額になる」ことも覚えておきましょう。