パート・アルバイトには三菱東京UFJ銀行が向いている

総量規制がある、それは借入金額に制限ができたというマイナス要素ばかりではありません。返済能力に応じた融資が受けられること、それが総量規制です。

 

そして、総量規制があるからこそパート、アルバイトの方もその収入に見合った融資が受けられるというメリットもあります。

 

一方で、総量規制対象外の銀行カードローンでもパート、アルバイトの方の利用が可能になっています。少額であっても低金利で借入をしたい、そう思うのは当然のことです。

 

申込条件

申込条件を確認してみましょう。いずれの銀行もパート、アルバイトなどで収入を得ていれば申し込みができます。

 

申し込み書類

融資限度額に応じて収入証明書類が必要になるものの、パートアルバイトの方は融資限度額が高く設定されることはありません。そのため申し込みに必要な書類は本人確認書類だけとなっています。

 

金利

利息に直結する金利も比較しておきましょう。100万円以下に注目します。上限金利が適用されると考えても三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行が低金利になっています。

 

返済額

毎月の返済額に負担が多ければ返済が困難になる可能性があります。三菱東京UFJ銀行では最低返済額が低く設定されており、それ以上に返済をすることは自由です。臨機応変に返済額が調整できるため安心でしょう。

 

少しでも利息を抑えるなら「利息の仕組み」を知る

パートやアルバイト、その収入は高給といわれるものではありません。働いた時間が収入につながる、つまり働くことができなければその分の収入はないという厳しいものです。

 

しかしながら、時間に融通が利くなど、子育て・勉学・夢などを優先する方にとっては働きやすい形でもあります。限られた収入の中から返済をする、それを考えると利息は少しでも抑えたほうがよいでしょう。

 

金利の意味を知る

なぜ金利を比較しなければならないかご存知でしょうか?
金利とは借入残高に対して年間でかかる利息の割合です。金利を抑えることが、利息を抑えることに直結しています。

 

しかし、金利だけで利息が変わるわけではありません。それ以上に重要なことがあります。
「利用日数を抑えること」つまりより早い返済が利息の節約には絶大な効果があります。

 

利息の計算式を知る

利息は一日分の利息を計算し、それを利用日数分支払うことになります。
利息=借入算残高×金利÷年間日数×利用日数
一日分の利息など小さなものです。

 

例えば10万円を銀行カードローンの一般的な金利14.5%で借り入れたとしても一日分の利息はわずかに39.7円です。
それを利用日数分支払うことを考えましょう。

 

  • 10日で返済ができれば利息は397円
  • 20日で返済ができれば利息は794円
  • 30日で返済ができれば利息は1,191円

 

このように利息に違いが出てきます。

 

まとめ

金利、返済額を考慮してもパートアルバイトの方は「アコムの貸金業法に基づく借換え専用ローン」が向いています。安心の低金利で、利息を考えながらも返済額を調整していくとよいでしょう。