総量規制以上借りたい人にオススメの消費者金融

総量規制以上借りたい人にオススメの消費者金融

カードローンやキャッシングの限度が決められている総量規制。今月は厳しいからお金を借りたいと思っても、総量規制以上は原則借りることはできないようになっています。

 

多重債務問題が生じたことで、規制が厳しくなった総量規制ですが、総量規制以上に借りたいという方は、どうすればいいのでしょうか。

 

総量規制以上に借りたい人のために、オススメの消費者金融を紹介していくので、参考にしてみてください。

 

総量規制のルール

まず、根本的に総量規制のルールとはどんなものがあるのか、少し解説していきます。原則として決められていることなので、把握しておいて損はないでしょう。

 

借入は年収の1/3まで

総量規制の限度として、借入が行える金額は「前年度年収の1/3」と決められているため、前年度年収の1/3以上は銀行カードローン、消費者金融からも借入することはできないと定められています。

 

金融庁からも「最も消費者金融としてあるべき姿である」と定義されていて、これ以上に融資を受けると、債務が大きくなる傾向にあるので、1/3以上は借入できないようになっているのです。

 

再度融資を受けたいのであれば、まずは債務を減らしてから、負担が少ない状態で借入しようというのが金融庁の目的なのでしょう。

 

総量規制の対象にならない借入の種類

銀行カードローンや消費者金融から借入したカードローンやキャッシングは、総量規制の対象となりますが、中には総量規制対象外になっているローンもあります。

 

総量規制の対象内か対象外なのかという点を把握していないと、自分がどれくらい借入していて、残り限度額はいくらなのか、ハッキリしたことがわかなくなってしまうので、しっかり把握しておきましょう。

 

総量規制対象外一覧
(一部記載)

住宅ローン
マイカーローン
医療ローン
不動産担保の借入
クレジットカードのショッピングローン
手形の割引

 

他にも総量規制対象外のローンがありますが、今回は一部を紹介しました。よく利用されていることの多いローンで例えると、住宅ローンやマイカーローンは実際に現在も返済中という方も多いのではないでしょうか。

 

総量規制対象外となっているローンは、基本的に借入枠の中から自由に現金の借入を行うものではなく、目的があって借入を行い、直接現金のやり取りを行うものではないという特徴があります。

 

他にも現金を伴わない、ショッピングでのローンでも総量規制対象外となるので、覚えておきましょう。

 

2017年の4月までは、銀行カードローンも総量規制対象外だったのですが、多重債務者の問題が大きくなり、国会で問題提起されたため、銀行に融資の抑制を図るように伝えられたのです。

 

そのため、現在では銀行カードローンによるキャッシングの融資も総量規制の対象になっています。

 

総量規制対象外のキャッシングは返済専用のみ

前述でも解説している通り、総量規制対象外となるローンは、返済専用の商品がほとんどで、キャッシングについても同じことがいえます。

 

総量規制以上に借りたい場合は、返済専用のおまとめローンで例外貸付によるキャッシングの融資を受け、返済機関を一つにまとめるしか方法はありません。

 

その場合、総量規制以上のキャッシングを受けることが可能ですが、追加融資を受けることができなくなり、返済専用のローンとなるので、注意しましょう。

 

総量規制で困った時はアイフルの借り換えで相談

総量規制が厳しくなったため、借入ができなくて困っている方も多いでしょう。そんな方は、アイフルに借り換えを相談してみてはいかがでしょうか。

 

借り換えローンの商品を取り扱っているので、手助けになってくれるはずです。

 

アイフルのおまとめ・かりかえMAXは総量規制対象外

アイフルは大手消費者金融の中でも、単独経営でカードローンを発行しているため、ローンに関する商品が豊富に取り揃えられています。

 

その中でも、おまとめMAX・かりかえMAXは総量規制対象外で年収に関係なく、利用できるローン商品です。

 

しかし、借り換えを行う際に受けた融資の後は、追加融資を受けられない返済専用のローンになっているので、気を付けましょう。

 

アイフルのおまとめMAXで返済するメリット

アイフルには総量規制対象外のローン商品がおまとめMAXとかりかえMAXの二つ用意されています。どちらも返済専用のローン商品となっていますが、おまとめMAXの方はアコムを利用したことのある方や現在も利用している方限定のローン商品です。

 

おまとめローンMAXを利用して返済するメリットとしては、金利が低くなることが大きなメリットになっています。通常の消費者金融で返済するよりも、金利が低くなっているためお得です。

 

また、他社の借入分をおまとめすることで、1ヶ月の間に返済する金額も減らすことができるので、返済の負担が軽減されるのもメリットの一つといえます。

 

商品名 おまとめMAX
対象者

アイフルを利用したことがある方。
または現在も利用中の方

金利 12.0%〜15.0%
限度額 500万

 

総量規制対象外のローン商品は追加融資を受けられない

アイフルで利用できる総量規制対象外のローン商品、おまとめMAXとかりかえMAXは、総量規制以上に借りたい方でも融資を受けることができる便利なローン商品です。

 

しかし、融資を受ける目的は、他社の借入返済に充てるためなので、自由に使えるお金という訳ではありません。

 

また、一度おまとめMAXとかりかえMAXを利用すれば、追加融資を受けることができなくなる返済専用ローンとして活用されるので、間違えないようにしましょう。

 

総量規制対象外の中小消費者金融

総量規制の取り締まりが厳しくなっていることから、総量規制以上に借りることができるローン商品を少なくなっています。しかし、アイフル以外にも、中小消費者金融であれば、総量規制対象外のローン商品を用意しているところもあるのです。

 

中小消費者金融の総量規制対象外のローン商品は、どんな特徴があるのか、詳しく解説していきましょう。

 

おまとめローンであれば申請可能

アイフルと同じように、中小消費者金融にもおまとめローンなどの総量規制対象外のローン商品の取り扱いがあります。

 

基本的な内容は、アイフルのおまとめMAXとかりかえMAXと変わらず、他社借入の返済のため、総量規制以上に融資を受けることが可能です。

 

総量規制以上にお金を借りたい方にも、オススメできる方法といえるでしょう。しかし、おまとめローンであるため、他社借入の返済分の融資以外の追加融資は受けることができません。

 

返済専用のローン商品なので、覚えておきましょう。

 

基本的に金利が高め

中小消費者金融は、総量規制対象外のローン商品を取り扱っていて、審査も通りやすいという特徴がありますが、アイフルのおまとめMAXやかりかえMAXよりも、比較的金利が高めに設定されているのがデメリットです。

 

また、限度額もアイフルよりも低いことが特徴としてあるので、中小消費者金融で借りるメリットは少ないかもしれません。

 

正規の消費者金融か確認が重要

中小消費者金融を利用するにあたって注意しないといけないのが、正規の消費者金融であるか確認を行っておくということです。

 

中小消費者金融であっても、総量規制は守らないといけない法律なので、総量規制対象外のローン商品以外に、総量規制以上のキャッシングを行うといった商品があった場合は注意が必要になります。

 

しかし、通常は債務整理中であれば、借入などを行うことはできないのですが、借入対応してくれる中小消費者金融もあるので、困っている時は頼ることも一つの手です。

 

総量規制対象外のおまとめローンの注意点

総量規制以上に借りたいという方に、オススメできるおまとめローンですが、注意しないといけない点もあります。どんなことに注意していないといけないか、詳しく解説していくので、参考にしてみてください。

 

借りたお金は他の消費者金融の返済金

アイフルのおまとめMAXやかりかえMAXといった総量規制対象外のローン商品であれば、総量規制以上に融資を受けることが可能です。

 

しかし、融資を受けたお金というのは、他の消費者金融で借入した分の返済金なので、自由に使用できる訳ではありません。

 

他の消費者金融の返済金として融資されたのに関わらず、返済金に充てなかった場合は、契約違反としておまとめローンで借入金額を一括返済することを求められてしまいます。

 

そのため、おまとめローンで総量規制以上に借入れたお金は、他の消費者金融の返済金にしか活用することはできません。

 

利息は高くなる

アイフルのおまとめMAXやかりかえMAXのように、総量規制対象外のローン商品の特徴は、金利が安くなるということです。

 

そのため、おまとめローンを契約すれば、全体的な金額は下がると思っている方も多いですが、実は違います。

 

利息の計算としては・・・

 

利息=借入残高×金利÷年間日数×利用日数

 

上記の通りになっているので、利用日数が長ければ長いほど、最終的に払う金額は高くなってしまうのです。

 

出来るだけトータルの支払い額を減らしたいのであれば、早めに借入した分を返済することが重要になってくるので、一回の支払い額を増やした方が賢明でしょう。

 

また、おまとめローンにすることで、他社の借入をひとまとめにして1ヶ月の支払い額を減らすことができますが、その分完済までの期間を延ばすということに繋がります。

 

期間を延ばしてしまうということを考慮した上で、おまとめローンの利用を考える必要があるでしょう。

 

支払い専用のため借入不可

おまとめローンの特徴は、他社からの借入をひとまとめにするために、一旦総量規制以上の金額を借入することができるということです。その後は、支払いを行っていくだけの支払い専用のローンとなるので、追加の借入を行うことができません。

 

単純に総量規制以上のお金を借りて、自由に使えるという訳ではないので、おまとめローンの特性を間違えて捉えないように気を付けましょう。

 

おまとめローンの審査が通らないケース

総量規制以上に借りたい方にオススメなおまとめローンですが、中には審査が通らないというケースもあります。どんなケースであれば、審査が通らないのか解説していきましょう。

 

他社借入数が多い

おまとめローンの取り扱っている消費者金融にもよりますが、他社からの借入件数が多い場合は、審査が通らない可能性があります。

 

基本的に、おまとめローンは審査が通りやすいと言われていますが、信用の問題が生じるので、審査の段階でおまとめできないケースがあるのです。

 

銀行カードローンやキャッシングしている件数が、4件以上であれば審査に落ちてしまう恐れがあると言われています。実際には、金額や返済能力の有無で審査内容は変わるので、あくまで参考程度にしてみるといいでしょう。

 

この場合、総量規制対象外である住宅ローンやマイカーローンなどの件数は含まれないことが多いので、審査の対象になるのは総量規制に関係している銀行カードローンやキャッシングのみとなります。

 

返済負担が大きい

おまとめローンの場合でも、審査の段階で返済負担の比率を計算し、返済負担が大きい場合は、審査が通らないことも考えられます。

 

返済負担の比率の計算は、年収400万で年間返済額が50万の場合・・・
50万÷400万=12%
返済負担比率は12%という結果になります。

 

おまとめローンを取り扱っている消費者金融にもよりますが、返済負担比率は35%以上であれば、審査に通らない可能性があるのです。

 

つまり、年収に対して返済額が多ければ、負担が大きいと見なされ、おまとめローンの契約を行うことができないということになります。

 

年間返済額に含まれているローンの種類は、おまとめローンを取り扱っている消費者金融にもよりますが、住宅ローンやマイカーローンなども含まれている可能性があるのです

 

他にも、クレジットカードによるショッピング利用に関しても、年間返済額に含まれていることもあるので、おまとめローンを申請する時に、自分の年間返済額はいくらなのか事前に調べておきましょう。

 

総量規制以上借りるためにはおまとめローンがオススメ

他社の借入が増えてしまい、総量規制以上に借りたい時、総量規制以上に借入することができるのは、おまとめローンだけなので、困った時は利用してみることをオススメします。

 

特にアイフルのおまとめMAXやかりかえMAXは、金利も低く設定されていて、限度額も大きいのが魅力です。それだけでなく、審査も通りやすい特徴を持っているので、まずは相談から始めてみるといいでしょう。

 

 

 

 

 

 

総量規制対象外おすすめランキング