おまとめローンに通りやすい人はこんな人

▼人気カードローンランキング
  おすすめ順 金利 限度額
アイフル 3.0%〜18.0% 1万円〜800万円
楽天銀行スーパーローン 1.9〜14.5% 最大800万円
住信SBIネット銀行Mr.カードローン 年0.99%〜14.79% 最高1200万円

おまとめローンに通りやすい人を徹底解説!

複数の借入先を1つに絞る「おまとめローン」は多重債務状態になっている人にとっては、頼りがいのある商品です。

 

総量規制の対象外ですので、借入額も大きくでき、債務整理によってブラックリストに載ってしまうことを未然に防ぐことができる手段です。

 

おまとめローンの審査基準とは?

おまとめローンの審査が厳しくなる理由

おまとめローンは、複数の業者や銀行から借りたお金を、いっったん全額借入して返済し、その後は返済先をおまとめした1つに絞って返済していく仕組みです。

 

借入先が多くなったり、借入額が大きくなったりして返済が苦しいとき、延滞しそうなとき、すでに延滞してしまったときに頼れる方法です。

 

一般的におまとめローンの審査は通常のカードローンの審査よりも厳しくなる傾向があります。

 

理由として以下の2つが挙げられます。
  1. ローンをまとめるので、利用額が高くなる。
  2. 申し込みした人は、すでに複数のローンの利用者である。

 

おまとめローンは複数の借入を1つにまとめるので、利用額は高くなります。借り入れする金額が大きくなれば、審査が厳しいものになるのは、ある意味当然でしょう。また、おまとめローンを申し込む人は、すでに複数の借入のある多重債務者が多くいます。

 

こういった人は、お金を借りては返して、また借りて返してという自転車操業状態に陥っていることが多くあり、お金を借りても返すのが困難な人と認識されます。

 

とはいえ、おまとめローンは多重債務に陥らないための救済措置として総量規制の例外貸付という位置づけですので、ある程度考慮してもらえます。事情を詳しく訊かれる可能性もあります。すべて完済して解約証明書を提示することを条件に契約するというケースもあります。

 

審査でチェックされる項目

おまとめローンの審査でチェックされる項目は、基本は通常のカードローンと変わりませんが、特に重視されるのが以下の2点です。

 

  1. 年齢や年収などの個人属性
  2. 今までの借入状況

 

具体的な項目は以下の通りです。
年齢
  • 20代から60歳くらいなら問題がない
  • あまりに若すぎ、高齢はマイナス
年収
  • 高いほど評価は高い
  • 借入額とのバランスも重視される
勤務先
  • 安定収入であるかどうか
  • 大手や公務員は有利
雇用形態
  • 正社員ほど有利
  • アルバイトや契約社員は不利
勤続年数
  • 長いほど審査では有利
  • 勤続1年未満は注意
家族構成
  • 本人が返済できなくなったときに対処できる人がいるか
  • 両親との同居は有利
固定電話
  • 固定電話があると高評価
住居
  • 賃貸よりも持ち家が有利

 

住居は賃貸よりも持ち家が有利というのは、持ち家であれば家賃を支払う必要がないということと、もし住宅ローンを支払っているのであれば、住宅ローンの審査に通ったことがあるという実績にもなります。

 

審査に影響する信用情報

おまとめローンの審査を受ける前に、自分の借入状況を確認しておきましょう。ローンやクレジットカードの審査では信用情報は非常に重視されます。ローンやクレジットカード、分割払いなどの契約や申し込み、返済状況を記録したものを信用情報と呼びます。

 

これは個人信用情報機関に登録されており、おまとめローンの申し込みのときに業者・銀行から閲覧されます。

 

おまとめローンで重視される信用情報
借入件数 4社以上は不利
借入金額 借入額が多いほど不利
返済状況 延滞がなければ不問
金融事故 代位弁済や債務整理などの履歴があると非常に不利
他社への申込 短期間で申し込み件数が多いと不利

 

おまとめローンは、複数の借入を一本化するローンですが、それでも借入件数があまりにも多いと問題があります。4件までが限界の件数というのが一般的な解釈です。

 

おまとめローンが5件目のときには、審査に通過する可能性は非常に低くなります。完済できるものがあったら完済しておきましょう。

 

総量規制では、年収の3分の1以上の借入はできないことになっていますが、おまとめローンは例外貸付として総量規制の対象外です。とはいえ、年収から見てあまりに高額を借りていると非常に不利です。

 

年収の2分の1程度がおまとめできる目安です。例外的に総量規制の対象外となっているローンですので、担当者との相談次第というケースもあります。信用情報と個人の属性との兼ね合いで審査されると考えましょう。

 

おまとめローンの審査に通りやすい人

勤続年数が長い

おまとめローンは、借入額が大きく返済期間も長いローンです。そのため、収入の安定性が重視されます。安定性を保証するのは勤続年数です。勤続年数は長いほど有利で、1年よりも3年、3年よりも5年と1つの職場に勤めている年数が長いほど審査で有利とされています。

 

勤続年数が長いことは、それだけ辞める確率が低いと判断されます。辞める確率が低いということは、長年にわたってローンの返済を継続する可能性が高いことを意味します。カードローンのなかには、勤続半年で審査に通るものもありますし、出社初日に申し込みできるものもありますが、おまとめローンではそういうことはありません。

 

短くても1年は必要と言われています。勤続年数が1年に満たない場合には審査に通ることは極めて困難です。最低でも同じ会社に1年以上は勤めているというのが審査に通過するための絶対条件と考えていいでしょう。

 

逆に、勤務して5年を経過している人は審査に通りやすくなります。おまとめできる金額に違いは出てくる可能性はありますが、審査に通るかどうかでは、収入よりも勤続年数です。

 

年収が一定以上

おまとめローンの審査では、ほぼ100%収入証明書の提示が必要になります。債務整理直前の人を救済するための措置として例外的に貸付が実行されるローンであるため、申込者の年収を正確に把握したうえで審査されます。

 

収入は源泉徴収票や確定申告書などの最新のものを提示しますが、この収入額から見て無理がないと判断される額を貸付しますし、もしあまりにも年収が少ないときには審査は否決されます。

 

最低でも前年度の年収は200万円以上は必要と言われています。利用限度額は高くても年収の2分の1以上で、100万円以上の貸付では必ず収入証明書の確認が義務付けられていることからも、合理性があります。

 

最低でも勤続年数は1年以上、年収は200万円以上というのがおまとめローンの審査に通るための最低の条件です。これ以下の場合には非常に困難と言っていいでしょう。この条件をクリアしたうえで、さらに金融事故の有無などを審査して決定されます。

 

金融事故歴なし

おまとめローン以前に利用していたカードローンやキャッシングなどで金融事故を起こしていないことも、ほぼ絶対的な条件です。自己破産や個人再生といった法的な債務整理を行っていないことは当然のことで、延滞や滞納がないことが重要です。

 

延滞が問題になるラインは、返済日から2ヶ月以上の遅れです。1回や2回、1週間程度の返済の遅れがあるという程度では問題にはなりませんが、そのラインも金融機関次第です。

 

金融機関によっては1回だけ1週間遅れた程度でも延滞とみなすことがあります。延滞は金融事故として個人信用情報機関に登録されます。一般的には滞納が3回以上あるとおまとめローンの審査に通ることは困難になります。

 

2ヶ月以上返済を行っていない場合にも審査に通るのは難しいと言っていいでしょう。返済をうっかり忘れることは良くあることですし、口座引落で返済する契約のときに残高不足で引落がかからなかったというケースも珍しくありません。

 

こういった滞納も2回までです。それ以上は致命的です。

 

これについては、ネットでの検証も行われており、滞納が2回ならおまとめローンでは問題視されなかったが、3回滞納したら審査が通らなくなったと報告されています。

 

おまとめ3社以内

おまとめローンは基本的に3社以内の借入をまとめることを前提に設計されています。借入総額によっても審査結果は違ってきますが、3社からの借入を1社に絞るというのが基本であることは変わりません。本人の信用力次第ですが、最大でも5社までとされています。

 

3社以上をまとめることのできるローンは数が少ないですが、確かにあるので情報を集めて検討してみましょう。おまとめローンの活用を考えている人は3社以上の件数をまとめたいと希望している実情もあり、5社までなら可能というおまとめローンは増えていくと推測されています。

 

もし4社以上から借入しているときには、総額は変わらなくてもなるべく件数を減らしましょう。1社だけでも完済できるところがあれば完済してから審査を受けるようにしましょう。完済は審査を受けるうえで評価される材料です。

 

完済させた実績を作ってから申し込めば、金融機関もおまとめローンの利用の仕方の分かっている人と判断するでしょう。

 

件数を減らす方法としては、利用残高が最少の業者・銀行のローンを完済することです。消費者金融業者におまとめローンを利用するために借入件数を減らしたいと申し出てると、応じてもらえる可能性があります。借入残高がゼロになった借入先は解約しておきましょう。

 

借入枠が残っていると、それを借入件数としてカウントされてしまいます。

 

支払っているローンが少ない

ローンはキャッシングだけでなく、様々な商品の購入やサービスの対価として分割払いとして組まれることがあります。住宅ローンやマイカーローン、家具やインテリア、電化製品などを分割払いで支払っているケースもあるでしょう。

 

こういったローンの数が多すぎるときには、返済能力というだけでなく「ローンで物を買う」という習慣が染み付いている人と判断されます。返済能力が高く、余力がある場合は別として、返済能力があっても分割払いをしているローンが多い人はおまとめローンの審査で非常に不利です。

 

ローンも借金のひとつで、これも「おまとめ3社以内」と同様に、支払っているローンも3つ以内が望ましい条件です。おまとめローンのなかには、5社程度であれば分割払いまで対象としているものもありますが、それほど多くのローンやキャッシングをまとめることを期待しないようにしましょう。

 

キャッシングを3社以内に抑えることと同様で、完済できるローンがあればすべて返済しておきましょう。おまとめローンの申し込み前に「完済しているローンがある」という事実は審査で有利に働くこともあります。

 

家が持ち家

あまり重要性は高くありませんが、自宅が持ち家という人は何であれローンの審査で有利です。自宅が持ち家の人ほど自己破産する確率が低いというデータもあります。

 

住宅ローンを支払っている人であっても、持ち家があるということは資産があることと同義ですし、自己破産する確率が極めて低いので審査ではプラスに働くことがあります。

 

持ち家は自分のものでなくても審査では有利です。親の家に同居している人は、家賃を支払う必要がありません。同じ給料をもらっている人よりも家賃の支払いがない分だけ返済に回せることになります。
父親が住宅ローンで買った家に住んでいて、家賃を支払う必要なく生活している人はおまとめローンの審査でも有利です。

 

審査に通りやすいおまとめローンは?

地方銀行が狙い目

地方銀行は元々、地域の経済の発展を目的として設立されたものが多くあります。そのため、金利が低く、限度額が高めのローン商品を数多く揃えています。

 

地方銀行ですので、営業エリアが限定されると思われがちですが、近年では全国からインターネット経由で利用者を募っているところも増えています。

 

銀行のローンなので審査はそれなりに厳しいことが推測されますが、地方銀行の取り扱うローンは都市銀行よりも審査の面では柔軟性があります。

 

消費者金融業者の取り扱うおまとめローンは貸金業法に基づく返済支援のローンですが、利率は通常のローンと比較してあまり大きなメリットはなく、まとめる効果が感じられないことがあります。地方銀行は元から金利が低いので確かな効果があります。

 

消費者金融業者のおまとめローンには「銀行のカードローンはおまとめの対象にならない」ことがありますが、地方銀行のローンは基本的に資金使途は自由で、おまとめローンへ利用もできるというものが多くあります。

 

借入が多くて返済に困っているときには、まず地方銀行のおまとめローンを検討してみましょう

 

地方銀行には、おまとめローンで大きな実績を上げているところもあります。ただ、銀行口座の開設が必要なことがほとんどである点や、借りる方法がローンカードでATMから引き出す方法しかないことがある点、手数料がかかる点などのデメリットが発生することがあります。

 

家族構成まで細かいところまで審査の対象となっている地方銀行も多いので注意しましょう。趣味や休日に何をしているかなど、個人のプライベートな質問をして審査するというところもあります。

 

銀行のメリット・デメリット

地方銀行だけでなく都市銀行でもおまとめローンを取り扱っています。銀行のローンですので、金利が低いというメリットがあります。消費者金融業者やクレジットカードのキャッシングを1つにまとめるときには、ほとんど間違いなく金利が低くなると言っていいでしょう。

 

おおよそ4.5%から14.5%程度が平均的な金利ですが、なかには上限金利でも13%台という飛び抜けて金利の低い銀行のおまとめローンがあります。大きな借入でもまとめることのできる額の限度枠をもらえることもあります。

 

銀行のローンは個人向けのフリーローンでも最高限度額が500万円から800万円ですので、一般的なレベルの借入であればカバーできるでしょう。なかには1000万円という限度額を設定している銀行もあります。

 

なかには、おまとめローンであっても限度額に余裕を持たせて、その範囲内で何度でも借入ができるものもあります。借金の返済に苦しんでいる人には、借入先の一本化だけでなく、いざというときの備えも用意できます。

 

デメリットとしては、銀行のローンのほとんどはいったん融資金が手元に入るという点が挙げられます。なかには銀行のほうで返済を代行してくれるものありますが、多くは一本化するための返済は借主が自分で実行します。

 

このとき、借入先の返済をせずに自分で使ってしまうという事例が数多く報告されています。それまでお金に困っていたので高額の現金を見て、つい魔が差してしまうということです。こうなると借金を軽減するつもりが、逆に借金で増えてしまい、より苦しい状態になります。

 

大手の消費者金融業者もおすすめ

おまとめローンと言って真っ先に思い浮かぶのが消費者金融業者という人も多いでしょう。銀行のローンよりも審査が通りやすいのが消費者金融です。アコムやアイフル、プロミスなどが「借換ローン」「おまとめローン」の名称で提供してます。

 

ただ、銀行の提供するおまとめローンよりも法律上の制限が厳しく、どこに申し込むのか見極めることが重要になります。消費者金融業者が提供するローンですが、おまとめローンは総量規制の対象外です。

 

消費者金融でおまとめローンを選ぶ際に注意したいのが、どういったローンをおまとめの対象としているかという点です。業者によっては銀行のカードローンは対象外というものもありますし、銀行のカードローンからクレジットカードのキャッシングまで幅広くおまとめできるものもあります。

 

また、限度額も各社で異なりますので、良く検討してみましょう。注意したいのは金利です。おまとめローンは「利用者に一方的に有利になる借換」として総量規制の対象外となっています。

 

そのため、金利でも今までよりも低くなることは確実です。

 

加重平均金利という計算方法で割り出しますが、必ず借換前よりも借換後のほうが金利は低くなります。ところが、消費者金融の提供するおまとめローンでは、この金利面であまりお得にならないケースがあるので検討の際には充分に注意しましょう。

 

限度額に制限がある点や金利面であまり優遇されない点などのデメリットはありますが、消費者金融業者は審査に通りやすく審査が素早いという大きなメリットがあります。

 

消費者金融業者のメリット・デメリット

メリット
審査が通過しやすい

消費者金融には総量規制があり、年収の3分の1以上の借入はできません。その代わり、個人の消費者向けに長年融資してきたノウハウの蓄積があり、基本的には「なるべく貸す方向」で審査します。

 

ところが総量規制は非常に厳格に適用されるため、それ以上の貸し出しはできません。おまとめローンは利用者の年収の3分の1以上を貸出できます。そのため、元から審査が柔軟な消費者金融業者の審査がより緩くなる可能性があります。

 

他社の高額の借入を一手に引き受けて利息収入が得られるということで、消費者金融業者ではおまとめローンの申し込みに対して、なるべく断らない方向で考える傾向があります。

 

銀行には自主規制がある

銀行のおまとめローンは低金利で大きな金額が借りられることがメリットです。総量規制も関係ありません。ただ、近年では銀行が貸しすぎという傾向が出てきているために、金融庁からの指導を受けています。そのため、おまとめローンにも慎重になる傾向が出つつあります。

 

その点では、最初から規制を受けている消費者金融業者のほうが審査に通りやすいでしょう。

 

デメリット
金利の高さ

消費者金融業者で問題になるのが金利の高さです。おまとめローンを組んでも、今までよりわずかに低い程度の金利設定になることがあります。おまとめローンは返済期間の長いローンであるため、最終的な返済額にすると借換前よりも高くなってしまうという事態も起こりかねません。

 

追加借入できない

銀行のおまとめローンは、フリーローンの一種です。そのため、「利用限度額を高めに設定した通常のローン」という扱いになります。おまとめする額が250万円のとき、限度額300万円などという設定になることもあります。

 

わずかですが、余裕があるというケースがほとんどです。その枠内であれば追加で借入できます。ところが、消費者金融業者のおまとめローンでは、返済専用で追加借入ができません。

 

中小の業者でも取り扱いがある

アコムやアイフルのような大手ではない中小の消費者金融業者にも、おまとめローンを取り扱っているところがあります。

 

中小の業者は審査が大手に比較して緩めの傾向がありますが、それはおまとめローンでも同様で、個人属性や信用情報に不安な要素がある人でも柔軟に対応してくれます。

 

金利や限度額の問題はありますが、おまとめローンはとにかく利用できなければ何の意味もありません。大手の審査に通らなかったときや、信用情報機関にネガティブな情報が記載されてしまったときは中小の業者を検討しましょう。

 

おまとめローンの利用を検討しはじめたときには、すでに複数の借入先があり返済に苦しんでいる状態になっていることは良くあります。何度か返済に遅れてしまって、すでにブラックリスト入りしてしまったというケースもあるでしょう。

 

通常はブラック入りすればローンの審査に通過するのは極めて困難ですが、中小の業者には個人情報に多少の傷がある程度なら、そういう人にも融資をしてくれる可能性があります。

 

「ブラックリストに載っていて、今さらおまとめローンの利用なんて無理だ」と思っていても、中小なら審査してくれることがあります。ただし、安定した収入があり、返済する意志がしっかりあることが大切です。

 

まとめ

おまとめローンは審査は若干厳しめになることがあります。まずは地方銀行から検討してみると良いでしょう。

 

消費者金融業者のおまとめローンは金利が高めですが、審査は柔軟です。

総量規制対象外おすすめランキング