三井住友銀行カードローンのメリットとデメリット

銀行の中でも三井住友銀行カードローンは日本3大メガバンクのひとつとして知られています。豊富な申込方法と、即日融資も可能であること、安心の銀行金利など万能ともいえる銀行カードローンです。

 

三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローンの審査申し込みはコチラ

 

基本的な情報を比較する

申し込みをするにあたって確認しておきたい情報は実に多くあります。
その中でも「申し込み」を中心に基本的な情報に的を絞った比較をして見ましょう。

 

金利を比較してわかった”標準的”ということ
三井住友銀行 三菱東京UFJ銀行 オリックス銀行 ジャパンネット銀行
4.0%〜14.5% 4.6%〜14.6% 1.7%〜17.8% 2.5%〜18.0%
契約極度額 融資利率 利用限度額 借入利率 利用限度額 借入利率 利用限度額 金利(%)
100万円以下 12.0%〜14.5% 10万円以上100万円以下 12.6%〜14.6% 100万円未満 12.0%〜17.8% 100万円未満 18.0%
100万円超200万円以下 10.%〜12.0% 100万円超200万円以下 9.6%〜12.6% 100万円超150万円以下 6.0%〜14.8% 100万円以上150万円未満 15.0%
200万円超300万円以下 8.0%〜10.0% 200万円超300万円以下 7.1%〜9.6% 100万円 150万円以上200万円未満 12.0%
300万円超400万円以下 7.0%〜8.0% 300万円超400万円以下 6.1%〜7.1% 200万円超300万円以下 5.0%〜12.8% 200万円以上250万円未満 10.0%
400万円超500万円以下 6.0%〜7.0% 400万円超500万円以下 4.6%〜6.1% 150万円超200万円以下 250万円以上300万円未満 8.0%
500万円超600万円以下 5.0%〜6.0%   400万円超500万円以下 4.5%〜8.8% 300万円以上400万円未満 6.5%
600万円超700万円以下 4.5%〜5.0% 300万円超400万円以下 400万円以上500万円未満 6.0%
700万円超800万円以下 4.0%〜4.5% 600万円超700万円以下 3.5%〜5.8% 500万円以上600万円未満 5.5%
  500万円超600万円以下 600万円以上700万円未満 5.0%
700万円超800万円以下 1.7%〜4.8% 700万円以上800万円未満 4.0%
  800万円以上900万円未満 3.5%
900万円以上1,000万円未満 3.0%
1,000万円 2.5%

 

金利を比較するときには注意点があります。上限を比較すればいいものではなく、逆に加減を比較すればいいわけでもありません。自分が借入をしたい金額ではどの金利が適用となるのかを確認しましょう。

 

三井住友銀行は格段に低い金利ではありません。しかし、オリックス銀行カードローンやジャパンネット銀行カードローンのように金利が高い銀行カードローンもあります。

 

平均的な銀行カードローンの上限金利は14.5%前後、それを覚えていれば比較の材料になるでしょう。

 

申し込み方法を比較してわかった”豊富で早い”というメリット
  三井住友銀行 三菱東京UFJ銀行 オリックス銀行 イオン銀行
申込方法 インターネット 24時間受付 インターネット 24時間受付 インターネット 24時間受付 インターネット 24時間対応
モバイル モバイル
インターネットバンキング テレビ窓口 平日9時〜20時
モバイルバンキング 土曜祝日10時〜18時
ローン契約機 9時〜21時 日曜10時〜17時 メールオーダー申込書(イオン銀行ATMに設置)
電話 9時〜21時 電話 平日9時〜21時
メールオーダーサービス(郵送) 24時間対応 土日祝日9時〜17時
銀行窓口 9時〜15時  
即日融資 ×
条件 インターネット、電話から申込 条件 インターネット申込 条件 イオン銀行口座があること
ローン契約機でカード受け取り テレビ窓口でカード受取
審査時間 最短30分 最短30分 2〜3営業日 WEB14時までの申し込みで原則即日
郵送は1週間

 

申し込み方法が豊富にあります。インターネットは今では基本の申し込み方法になりますが、これほど充実しているのは銀行カードローンでは珍しいでしょう。サービス重視の消費者金融でも、これほど申し込み方法が多いのは大手くらいのものです。

 

また充実した申し込み方法を上手に選択することで即日融資も可能になります。

 

インターネットか電話で申し込みをしましょう。審査結果を確認してからローン契約機で契約とカードの受取をすることで即日融資も可能です。審査結果も最短30分となっているため、銀行カードローンの中でも即日融資の可能性は十分に高いといえるでしょう。

 

即日融資も可能にするスピーディーな申し込み方法
  1. インターネットで申し込み
  2. 審査結果を受け取る
  3. 必要書類をもってローン契約機
  4. 契約とカード受取
  5. 融資

 

申込条件を比較してわかった”比較的柔軟”ということ
  三井住友銀行 三菱東京UFJ銀行 オリックス銀行 イオン銀行
申込条件 満20歳以上満65歳以下 満20歳以上65歳未満 満20歳以上69歳未満 満20歳以上満65歳未満
安定した収入がある 国内居住の個人 安定した収入がある 安定した収入があること
保証会社による保証を受けられる 安定した収入がある 日本国内に在住※外国籍の方は、永住者または特別永住者の方 ※専業主婦利用可能、学生不可
  ※学生、専業主婦利用可能 保証会社の保証が受けられること 日本国内に居住している
保証会社による保証を受けられる   イオン銀行普通預金口座がある
  保証会社による保証を受けられる

 

銀行カードローンでは一般的となっていた「年収や勤続年数の条件」が今では少なくなりました。大口融資のフリーローンなどを利用するときには今でも年収400万円以上、勤続年数3年以上というのは少ないことではありません。しかし銀行カードローンでは年収制限がなく、「パートアルバイトでも利用ができる」ようになりました。

 

三井住友銀行カードローンも安定した収入があり年齢の条件がクリアできていれば申し込みができます。もちろん、パートアルバイトでも可能です。ただし本人に安定した収入があることが条件となっているため、専業主婦の利用はできません。

 

パート・アルバイトが総量規制対象外で借入するならどこがいい?

専業主婦が総量規制対象外で借入するならどこがいい?

 

利用中も考えて比較する

申し込みだけですべが終わるわけではありません。銀行カードローンに申し込みをする目的は「借りること」にあるはずです。借入と返済、それがカードローンの利用になります。

 

利用できるATMを比較してわかった”豊富で便利”なメリット
三井住友銀行 三菱東京UFJ銀行 オリックス銀行 ジャパンネット銀行 りそな銀行
ローン専用カード キャッシュカード兼用 無料 三菱東京UFJ銀行ATM 無料 三菱東京UFJ銀行 無料 三井住友銀行

毎月最初の1回目は無料
2回目以降3万円未満162円〜324円
3万円以上無料

りそな銀行 無料
三井住友銀行ATM 三井住友銀行ATM セブン銀行ATM 三井住友銀行 セブン銀行 埼玉りそな銀行
@BANK @BANK ローソンATM 西日本シティ銀行 イーネットATM 近畿大阪銀行
イーネットATM イーネットATM イーネットATM ゆうちょ銀行 ゆうちょ銀行 セブン銀行ATM 有料
ローソンATM ローソンATM   セブン銀行ATM ローソンATM ローソンATM
セブン銀行ATM 提携金融機関ATM(借入と残高照会) イーネットATM   イーネットATM
ゆうちょATM   ローソンATM  
提携金融機関ATM(借入と残高照会) イオン銀行ATM

 

利用ができるATMは三井住友銀行ATM以外にも提携ATMが豊富にそろえられています。三井住友銀行カードローンの場合、カード発行型とキャッシュカード兼用型がありますが利用できるATMに若干の違いがあります。

 

カードローンの基本は「カードを使った借入や返済」です。どこのATMを使っても利用手数料が無料になっていることで、返済がしやすい状況を作っています。

 

人気のある理由になっている?

三井住友銀行のほか、三菱東京UFJ銀行、オリックス銀行でも提携ATMの利用手数料のすべてが無料です。人気のある銀行カードローンのポイントは「余計な手数料をかけないこと」にあるのかもしれません。

 

返済方法を比較してわかった”口座引き落としがない”デメリット
三井住友銀行 三菱東京UFJ銀行 オリックス銀行 ジャパンネット銀行
ローン専用カード キャッシュカード兼用 自動支払い 三菱東京UFJ銀行口座のみ 口座引き落とし 自動引き落とし
カードローン口座へ入金 カードローン口座へ入金 ATM 銀行振り込み  
ATM 返済ができないときは自動引き落とし 銀行振り込み ATM
  ATM    

 

厳密にいえば口座引き落としがないわけではありません。キャッシュカード兼用型を選択した場合、カードローン口座への入金もしくはATMからの返済ができなかった場合、三井住友銀行口座から自動引き落としによる返済がなされています。

 

しかし基本的な返済方法として口座引き落としがないために、「入金」という手間がかかることは覚えておきましょう。

 

返済額を比較してわかった”毎月の負担が大きい”メリット兼デメリット
三井住友銀行 三菱東京UFJ銀行 オリックス銀行 イオン銀行
借入残高 返済額 借入残高 返済額限度額200万円以下の場合 借入残高 毎月の返済額 毎月の返済日前日の利用残高 毎月の返済額
1万円未満 借入残高の合計 10万円以下 2,000円 30万円以下 7,000円 3千円以下 毎月のご返済日前日現在の利用残高と利息(最大3千円)
50万円以下 10,000円 10万円超20万円以下 4,000円 30万円超50万円以下 10,000円 3千円超10万円以下 3,000円
50万円超100万円以下 15,000円 20万円超30万円以下 6,000円 50万円超100万円以下 20,000円 10万円超40万円以下 5,000円
100万円超150万円以下 20,000円 30万円超40万円以下 8,000円 100万円超150万円以下 30,000円 40万円超50万円以下 10,000円
150万円超200万円以下 25,000円 40万円超 借入残高10万円増すごとに 150万円超200万円以下 35,000円 50万円超100万円以下 15,000円
200万円超250万円以下 30,000円 2,000円追加 200万円超250万円以下 40,000円 100万円超150万円以下 20,000円
250万円超300万円以下 35,000円   250万円超300万円以下 45,000円 150万円超200万円以下 25,000円
300万円超350万円以下 40,000円 300万円超400万円以下 50,000円 200万円超250万円以下 30,000円
350万円超400万円以下 45,000円 400万円超500万円以下 60,000円 250万円超350万円以下 35,000円
400万円超450万円以下 50,000円 500万円超600万円以下 70,000円 350万円超450万円以下 40,000円
450万円超500万円以下 55,000円 600万円超 80,000円 450万円超600万円以下 50,000円
500万円超600万円以下 60,000円   600万円超 60,000円
600万円超700万円以下 65,000円  
700万円超800万円以下 70,000円

 

比較をしてみると三井住友銀行カードローンの返済額は高額であることがわかります。中には三菱東京UFJ銀行カードローンのように10万円以下の借入残高では最低返済額が2,000円になっており、同じ10万円以下では10,000円が返済額となる三井住友銀行は高額な負担になるでしょう。

 

覚えておきたいのは返済システムに違いがあるということです。三菱東京UFJ銀行の場合、返済額とは最低返済額です。それ以上の返済をしてもかまいません。

 

しかし、三井住友銀行カードローンでは返済額とは固定返済額になっています。そのほか任意返済も自由になっていますが、確実に用意しなければならない金額に差があります。

 

ただし、返済額が高額であることは「負担がかかる」デメリットばかりではありません。返済額が大きければそれだけ返済も進みやすくなり、完済が早まるというメリットも兼ね備えています。

 

知っておきたい三井住友銀行カードローンのあれこれ

銀行カードローンはそれぞれに特徴を持っています。三井住友銀行カードローンは「銀行の用意するローン」です。それだけに口座不要とはなっているものの、口座があることでメリットはあります。

 

三井住友銀行口座があるメリット
  • インターネットバンキングを使った利用ができる
  • 入金できなかった場合の自動引き落としに対応ができる
  • 自動融資が受けられる
  • 利用状況をインターネット上で確認できる

 

三井住友銀行口座を用意することには面倒な手続きはありません。カードローンを利用するときにはぜひ用意しておきたい口座です。

 

カード受取が郵送なら時間がかかる

三井住友銀行は全国に本支店がある日本でも有数のトップ銀行です。カードの受取がローン契約機で行えるかどうか、三井住友銀行公式ホームページから確認をしてみましょう。「店舗・ATM検索」から調べることができます。

 

郵送では自宅に到着するまでに数日はかかります。申し込みから利用開始までに時間がかかってしまうためローン契約機での受取が便利になるでしょう。

 

三井住友銀行カードローンが向いているのはこんな方

低金利というほど極端に金利が低いわけではありません。しかし銀行カードローンとしても金利が標準的であり、だからこそパートアルバイトの方も利用ができる柔軟性があります。

 

融資限度額に応じて金利が下がるため、おまとめや借り換えにも向いていますが、少額のキャッシングでも十分に役立つでしょう。ただし、あえていうのであれば三井住友銀行カードローンはこのような方に向いています。

 

  • 三井住友銀行口座がある
  • ATM利用が基本になる

 

三井澄人も銀行口座があることでより便利に利用ができます。またATMの利用手数料が無料になるため任意返済もしやすく完済まで計画的に進められるでしょう。

 

借入金額に応じた返済シミュレーション

実際に借入をしたと仮定してみると返済はいつまで、そしていくらになるのでしょうか?毎月支払う返済額は、内訳があります。元金に充当される金額と利息としての支払額です。

 

返済シミュレーションをみてみると、金利が低いことが利息の支払いに有利になると気がつきます。また、追加で返済をする、つまり任意返済の重要性にも気がつかされるでしょう。

 

三井住友銀行カードローンでは適用金利に幅があります。下限でシミュレーションをするのではなく上限金利で計画を立てなくてはなりません。どの金利が適用されるか明確ではない、だからこそ上限金利で考えましょう。

 

三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローンの審査申し込みはコチラ

借入金額別返済シュミレーション

三井住友銀行カードローンで10万円借りた時の毎月の返済額、元金、利息、残高が一目でわかる一覧表です。借り入れ前に参考にしてみましょう!借入金額:10万円適用上限金利:14.5%回数返済額元金利息残高110,0008,7921,20891,208210,0008,8981,10282,310310,0009,00699473,304410,0009,11588564,189510,0009,2257...

三井住友銀行カードローンで50万円借りた時の毎月の返済額、元金、利息、残高が一目でわかる一覧表です。借り入れ前に参考にしてみましょう!借入金額:50万円適用上限金利:14.5%回数返済額元金利息残高110,0003,9596,041496,041210,0004,0075,993492,034310,0004,0555,945487,979410,0004,1045,896483,875510,0...

三井住友銀行カードローンで100万円借りた時の毎月の返済額、元金、利息、残高が一目でわかる一覧表です。借り入れ前に参考にしてみましょう!借入金額:100万円適用上限金利:12.0%回数返済額元金利息残高120,00010,00010,000990,000220,00010,1009,900979,900320,00010,2019,799969,699420,00010,3049,696959,3...

三井住友銀行カードローンで300万円借りた時の毎月の返済額、元金、利息、残高が一目でわかる一覧表です。借り入れ前に参考にしてみましょう!借入金額:300万円適用上限金利:8.0%回数返済額元金利息残高140,00020,00020,0002,980,000240,00020,13419,8662,959,866340,00020,26819,7322,939,598440,00020,40319,...

三井住友銀行カードローンで500万円借りた時の毎月の返済額、元金、利息、残高が一目でわかる一覧表です。借り入れ前に参考にしてみましょう!借入金額:500万円適用上限金利:6.0%回数返済額元金利息残高160,00035,00025,0004,965,000260,00035,17524,8254,929,825360,00035,35124,6494,894,474460,00035,52824,...