街金なら総量規制対象外で借入できる?

▼人気カードローンランキング
  おすすめ順 金利 限度額
アイフル 3.0%〜18.0% 1万円〜800万円
楽天銀行スーパーローン 1.9〜14.5% 最大800万円
住信SBIネット銀行Mr.カードローン 年0.99%〜14.79% 最高1200万円

街金で総量規制対象外で借入できる?

 

消費者金融業者にはアコムやプロミスのような大手と、街金と呼ばれる中小の業者があります。

 

街金は独自の審査をしているため、総量規制についても柔軟な対応をしてくれる可能性があると考えられがちですが、実際には総量規制以上に借りられることは困難でしょう。

 

 

街金でも総量規制は守っている

総量規制の意味合い

総量規制は利用者の年収の3分の1以上の貸し出しはしてはならないとする法律ですが、これは2010年の改正貸金業法からです。それまではどの消費者金融業者でも延滞や金融事故情報がない人になら、年収制限なしで貸し出しをしていました。

 

収入のない専業主婦にも年金受給者にも貸付しており、サラリーマンには年収と同じレベルやそれよりも高い金額を貸付するということは当たり前のように行われていました。この結果、お金を借り過ぎて返済に困窮し、結果的に自己破産者が増加する一方という状態となっていました。

 

貸金業者もお金を貸したからには返済してもらいたいという理由で、無理な取り立てを行ってしばしばトラブルを発生する状態でした。

 

そこで国はこれ以上の多重債務者を増やさないために貸金業法を改正して総量規制を導入しています。総量規制とともに上限金利を引き下げ、当時は年率29.2%であった上限金利を年率20.0%としています。

 

総量規制は、第一に多重債務者を作らないことが目的です。貸金業の健全化として必要不可欠とされました。第二に法定金利を厳しく定めることです。これによってお金を借りやすく返済しやすい状態にしようとしたのが、改正貸金業法の目的です。

 

街金とはどういう業者か?

「街金」という通称で呼ばれる金融業者は多数存在しています。良くある勘違いですが、街金は正規の業者であって闇金のような違法業者ではありません。

 

アコムやアイフルといった大手ではなく、小規模経営の消費者金融業者が街金です。街金の特徴として金利が上限ギリギリで設定されるという点があります。

 

 

10万円を融資された場合の金利は以下のようになっています。
銀行 年率14.5%
大手の消費者金融業者 年率18.0%〜20.0%
小規模業者(街金) 年率20.0%
闇金 10日で10%以上

 

街金とはいて消費者金融業者です。、つまりは正規の業者であって、法定金利の範囲内で融資を行います。大手業者として知られているのがアコムやプロミス、アイフル、レイクALSAなどが挙げられます。

 

それよりも小規模で、主に1つの都道府県内を営業エリアとするのが街金です。大手ほどの知名度はなくても、堅実でしっかりとした経営をしているところは数多くあります。

 

 

業界では貸付残高によって以下のように呼んでいます。
区分 貸付残高
大手 500億円以上
準大手 100億円以上
中小業者 10億円以上
街金 10億円未満

 

貸付残高はそのまま利用者数や利用限度額などに直結します。街金は小規模経営ですが、確実な貸付を行っている業者です。違法業者ではなく、金融庁の認可を受けて都道府県から登録番号を交付されています。

 

街金は審査が柔軟

街金の特徴として挙げられるのが審査が柔軟であるという点です。消費者金融業界は大手の寡占化が進んでいます。

 

今までお金を借りたことのない人が初めてキャッシングをしたいと考えたとき、思いつくのはアコムやアイフルといった大手でしょう。または、銀行のカードローンというのが普通の考え方です。

 

街金のような小さな業者には圧倒的に知名度が足りません。そのため、こういった業者では大手では相手にされなかった人を顧客として取り込むという姿勢があります。

 

大手消費者金融業者の審査に落ちてしまうような人、過去に金融事故を起こしたことのある人なども顧客として受け入れなければ小さな業者は生き残っていけません。

 

信用情報に自己破産や個人再生といった情報が残っている人は、普通の業者からは相手にされません。

 

こういう人でも返済能力が改善しているケースは多くあります。そういうときに頼られるのが街金です。今はネット時代ですので、「ブラックでも借りることができた」という情報はどんどん拡散していきます。

 

ブラックでも借りられるのなら、審査は甘いはずだ、だから総量規制の対象外かもしれないという期待が生まれるのも当然でしょう。

 

街金も正規業者である

街金は審査が柔軟で、信用情報に問題のある人にも貸し出しをする傾向がありますが、違法に営業している業者ではありません。どこも都道府県から付与された登録番号を持っています。

 

街金で有名なフクホーは大阪府から、ライフティは東京都から、アローは愛知県から登録番号を交付されており、闇金ではなく正規の業者であることが分かります。

 

貸金業法ではホームページや広告に登録番号を分かりやすい場所に表示することが義務付けられています。良くあるケースがホームページのトップの一番下のフッター部分に登録番号を載せているケースです。

 

プロミスもアコムも、公式サイトの一番最初に表示されるページの下の部分に番号を載せています。フクホーは、サイトの下の部分に大阪府知事の登録番号と、日本貸金業協会会員番号を記載しています。

 

こうした番号を持っていない、または虚偽のものを記載しているのは闇金です。

 

街金とはいえ、アコムやプロミスと同じく立派な正規業者です。

 

街金も総量規制は守っている

街金も正規の業者ですので、貸金業法の適用を受けます。つまり、総量規制を守っているということです。金融機関は国の経済に大きな影響を与えるものであるため、金融庁から監査が入ります。

 

このとき、総量規制を遵守して貸し出しをしているかどうかは必ずチェックされます。

 

総量規制では、1社につき50万円以上、複数業者で100万円以上の借入のある利用者には収入証明書の提出をすることになっていますが、これを遵守しているか、借入のある顧客の信用情報チェックしているか、申し込みのときに総量規制に抵触する貸し出しになっていないかをチェックしているか、などを細かく調査されます。

 

街金は貸付残高が10億円以内の小規模業者ですが、正規業者である以上、金融庁のチェックは受けています。そのため、街金だから総量規制は守っていないだろうと考えるのは危険です。

 

正規業者なので、総量規制に対して無理は通らないと考えましょう。

 

総量規制は強い法律

総量規制に違反した場合には、業者に行政処分が下されます。

 

営業停止

総量規制に違反している業者には、営業停止という処分が下される可能性があります。いったん営業停止になると、一定期間経過した後、改善策を金融庁に提示して認められないと貸金業務を再開することができません。

 

登録取消

総量規制の抵触が悪質と金融庁から判断された場合には、貸金業者としての登録の取消という重い処分が下されます。貸金業は金融庁から常に監視されており、国民の経済生活に大きな影響を与えるものと考えられており、違反者に対しては厳しい罰則を設けています。

 

総量規制違反は、単なる報告義務違反などとは重みが違っていることがこの処分からも分かります。登録の取消処分後にさらに貸金業を営んでいるときには、無許可営業とされ、1億円以下の罰金が課せられることになっています。

 

街金を使って総量規制対象外のおまとめローンを

街金は審査に融通が利く

街金は貸金業者である以上は貸金業法を遵守していますが、大手とは違った特徴があります。大手の審査は機械的に申込者を判断します。申し込み用紙や入力フォームに記載された情報を数値化して審査を行っています。

 

ネットを使って申し込むことができて、利便性は高く審査はスピーディですが、人間性は感じられません。街金の多くは、審査を社員が個人ですべて実施していることもあります。小規模経営ですので、その分申込者の人間性を見て審査することが可能です。

 

大手の審査のような数値による判断ではなく、人柄を見て審査するというのが街金のメリットです。担当者個人の裁量で審査して、借入金額を決めていきます。そのため、わざわざ来店しなければなりませんが、直接面接して相談することができます。

 

小規模経営の企業ですので、ある意味で人間的です。街金も個人信用情報を閲覧することができますので、申込者にどの程度の借金があるのかはすぐに分かります。そのうえで相談によって貸し出しして良いかどうか、貸し出すにしても限度額をいくらにするのかを判断します。

 

交渉の余地があるというのが街金の良いところです。

 

おまとめローンの取り扱いのある街金もある

総量規制の対象外ローンとして代表的なのが「例外貸付」です。例外貸付のなかには「顧客が一方的に有利になる借換」というものがあります。これは借入額が膨らんでしまって返済しきれなくなった人への救済措置です。

 

複数社の借入をひとつの業者にまとめて借換をして、さらに金利を引き下げて貸し出しするもので、この制度では総量規制を超えた借入が可能です。一般的には「おまとめローン」という名称で知られています。

 

おまとめローンというと、地方銀行が提供するものが有名ですが、消費者金融業者でも取り扱いがあります。また、審査が柔軟である街金でも取り扱っている業者は数多くあります

 

大手の業者の審査は不安という人や、信用力が足りないと考えられる人、返済能力が疑問と判断されそうな人などは街金に依頼してみましょう。

 

街金は、大手の審査に落ちるような人を顧客として拾い上げる手法で生き延びてきました。おまとめローンでも、その審査の柔軟性が発揮される可能性は高く、狙い目と言えるしょう。

 

対面審査で融資スピードアップ

街金のメリットでありデメリットでもあるのが、対面審査です。ネットが発達した現在、金融業者にわざわざ出向くというのは明らかに時代遅れですし、時間的なコストもかかります。

 

この点ではデメリットとなりますが、店頭に足を運ぶことには大きなメリットがあります。

 

まずは、その日その場で審査して結果を出してくれるので融資までがスピーディという点です。店頭に行って、その場で面談して即決というのが街金のいいところです。金庫から現金を出して渡してくれることもあります。

 

おまとめローンなら、「このお金で返済して解約までしてきてください」と言われることもあります。

 

もうひとつの大きなメリットは、大手の業者のように個人属性の数値化や信用情報だけの機械的な審査ではないために、融資の可能性が高くなるという点です。大手の業者ではない街金に来る人には、何らかの事情があることがほとんどです。

 

なぜそれだけの額の借金になってしまったのか、今後はどうやって返済するのかなどをヒアリングされます。そのときの話し方や人柄なども審査対象です。「この人ならきっちり返済してくれそうだ」と判断されれば融資がおります。

 

街金を利用するうえでの注意

手間がかかることがある

街金で総量規制対象外の例外貸付である借換ローンを組むというのは、大手の審査が不安な人にとっては良い選択肢です。審査は柔軟ですし、親身に相談に乗ってくれるところもあります。ただ、いくつかの注意点があります。

 

大手の消費者金融業者では、借入では本人確認書類だけで良いというケースが多いですが、街金ではその他にも提出する書類があるということがほとんどです。良くあるのは、収入証明書の提出です。

 

特におまとめローンなら、ほぼ必ず必要と言っていいでしょう。この他、住民票や預金通帳のコピーなどをを提出しなければならない業者もあります。

 

提出書類が多いだけでなく、それを郵送によってやり取りしなければならないということもあります。インターネット時代にあって、非常に古臭いスタイルを維持しているところが多いというのも街金の特徴のひとつです。

 

事前に必要書類をしっかり調べて準備しましょう。来店して申し込みするときに忘れ物があったら、いったん自宅に戻らなくてはなりません。手間がかかることが多いので注意しましょう。

 

来店しないといけないことがある

街金には契約時に来店必須ということが多くあります。申し込みそのものはインターネットから可能でも、審査結果を受けて契約を交わすというときに、必ず来店しなければならないところは街金では多いというのが現状です。

 

店舗で担当者と会って、直に話をする必要があるところは多いです。

 

申し込みをして審査を受けるために、電話連絡をして来店を予約して、わざわざ足を運ぶというのは、かなり面倒です。来店した客に「なんでこんなになるまで放置しておいたのか」「借りたものは返さなきゃダメだ」などと説教するという業者もあり、街金を利用するのも楽ではありません。

 

それでも柔軟な姿勢で審査してくれて貸してくれることには変わりありません。最初の1回だけは努力して来店しましょう。

 

大手の業者でこれ以上借りることができず、街金でおまとめローンに申し込むしかないという状態は、債務整理の一歩直前です。

 

複数社から借入があれば返済だけに追われる生活をしているはずです。そこから救済してもらえるのですから、多少の苦痛には耐えましょう。

 

必要書類が多いことがある

街金は審査が柔軟で、他社では断られるような人にも貸し出しをしますが、その代わりに提出書類が多くなる傾向があります。なかには取得するのに手間のかかるものもあるので、良く調べて時間を取るようにしましょう。

 

街金で提出を求められがちで、大手では珍しい提出書類として以下のようなものがあります。
  1. 個人情報取扱同意書、・契約事前説明書(氏名記入と捺印)
  2. 借用証書(氏名と捺印)
  3. 本籍地記載の住民票
  4. 所得証明書・課税証明書
  5. 給与明細書
  6. 運転免許証以外の本人確認書類(健康保険証など)
  7. 年金手帳
  8. 銀行の預金通帳のコピー

 

通常の申し込みなら、おまとめローンであれば本人確認書類と収入証明書の2種類で済むところですが、本人確認書類と所得証明書をもう1つ提出するというケースは街金では良くあります。

 

また、年金手帳もコピーして提出するというケースも多く見受けられます

 

街金はギリギリの基準で審査しています。申告した内容に本当に間違いがないか、申込者の個人情報の細かいところまで書類を提出して証明しなければなりません。

 

取り立ては厳しめ

街金は正規業者ですが、返済に遅れたときの取り立ては若干厳しめです。これは多くの証言からも明らかで、申し込みのときに「もし遅れたらそれ相応の取り立てをするこことになる」と言われたという話は、こういった業者では珍しいことではありません。

 

ブラックリスト入りしている人や、返済できなくなるリスクのある人にも貸し出しする業者ですから、それだけ貸し付けたお金の回収にも自信を持っているということです。

 

街金の申し込みでは、多くの書類が必要ですし、家族の名前や住所などの情報を登録することがあります。これは本人と連絡が取れなくなったときの用心でしょう。

 

借金の取り立ては、あくまで本人に対して行われるべきものと法律でも規定されていますが、もし本人と連絡が付かなくなった場合には非常手段として本人以外の人にも連絡を取っても良いことになっています。

 

保証人になっていない限りは、他人に返済の義務はありませんが、それでも自分の子供が借金を返済していないことが分かれば、多くの親は返済してしまうでしょう。何かあったときの対処をなるべくしておくのが街金のスタンスです。

 

違法業者と見分けがつきにくい

街金を利用するときに注意したいのが、街金と闇金、つまり違法業者との見分けがつきにくいという点があります。

 

たとえば公式サイトを見ても、まるで闇金のようなチープな作りの正規業者もいれば、あたかも正規の業者のような立派なサイトを作っている違法業者もあります。

 

面談に出てくる担当者も一見すると「その筋の人」のような風体をしていることもあります。ある街金の担当者の匿名インタビューによると、コワモテの様子を装ったほうが申込者が真面目になって話をしてくるので、そのような雰囲気にしていると語っています。

 

そのため、面談に行くと、「ここは本当に大丈夫か」と思うことも少なくありません。実際にはプロの正規業者ですので、怖い調子で脅してくるとか、頭ごなしに怒鳴りつけるということはしません。

 

街金と闇金の見分け方は大きく2つあります。
「誰にでも貸します」「審査なし」「ブラックOK」と広告していれば闇金。

貸金業法では「必ず審査をすること」が義務付けられているため、こういった広告は出せません。また、ブラックリストに入っている人に貸し出しをすること自体は違法ではありませんが、それを広告として出すのは貸金業協会が自主規制しています。

 

このような広告を出しているのは100%違法業者です。

 

登録貸金業者情報検索サービスを使う。

金融庁は、違法業者が増加している事態を受けて、登録業者つまり正規の業者の登録番号を公開しています。金融庁の公式ホームページ内に登録番号・商号・会社名を使って検索できるようにしています。

 

怪しいなと思ったら、ここで確認を取ってみましょう。闇金のなかには、他の正規業者の登録番号を騙るケースもあるので、業者名や商号も確認しておきます。

 

もし街金がダメなら

もし、総量規制に抵触してしまいそうで、さらに街金のおまとめローンの審査にも落ちてしまったときには、これはすでに「借りて返済する」ということが不可能な状態ということです。

 

ネットで検索すると様々な街金がヒットします。なかにはブラックOKや審査が柔軟な業者も数多くあります。こういった業者は貸せるかどうかギリギリの人にでも貸し出しをします。

 

逆に言うと、こういった業者でも断れるようでは、完全に行き詰まっていると言っていいでしょう。状況が好転する可能性は極めて低いです。

 

持ち物を処分したり、バンドルカードというカードを使って利用枠の現金化をしたりという方法はありますが、結局は一時しのぎです。

 

近年では取り立てが厳しくない「ソフト闇金」という違法業者もいますが、利用するのは危険です。借金はもう返済できない状態ですので、法律の専門家に依頼して借金を整理しましょう。

 

無料で法律相談ができる「法テラス」は全国に設置されており、行けばその日のうちに弁護士に受託してもらえます。弁護士が受託した時点で、返済の義務はストップします。

 

まとめ

街金といっても正規の業者である以上、総量規制は守っています。総量規制は強い法律で、どれほど小さい業者でも厳格に適用します。ただ、街金は審査が柔軟なので相談に行く価値はあります。

総量規制対象外おすすめランキング