総量規制対象外カードローンで一本化するならどこがおすすめ?

総量規制対象外カードローンで一本化、そのメリットはどこにあるのでしょうか。一本化するために比較したい項目はこちらです。

  • 適用金利
  • 収入証明提出のタイミング
  • 返済方法
  • 利用可能ATM
  • 随時返済
  • 毎月の返済額

現在の他社からの借入総額はいくらになるでしょうか?その合計額によって適用金利が異なります。そもそも申し込み条件に当てはまっていなければ利用することができないため、確認をしましょう。

 

大口の一本化になるからこそ返済方法には気を配らなくてはなりません。豊富にある返済方法が手数料無料になることもチェックしておきましょう。

 

消費者金融にもおまとめローンはある

総量規制があることによって個人の借入総額が年収の3分の1に制限されている消費者金融ですが、実は総量規制例外となるおまとめローンはあります。

 

専用のおまとめローンとなっているため「複数の借入があることが前提の柔軟な審査」が魅力となっています。しかし「金利が高い」ことは決定的なデメリットです。

 

消費者金融のおまとめローンでは通常のキャッシングと変わりありません。実際に適用される金利は、現在の他社からの借入金利の平均よりは下がる(貸金業法によって定められている)ものの、現在以上の大きな期待をすることはできません。

 

総量規制対象外の銀行カードローンで一本化するメリット

銀行カードローンは総量規制対象外となるため、個人の借入金額に法律で決められた制限はありません。もちろん自由に希望する金額を借りることができるというものではなく30%〜40%の返済比率の中で融資限度額が決められる目安はあります。

 

それでも銀行カードローンでは「おまとめに利用ができる」としています。資金使途が「事業性融資以外自由」であり、おまとめでも借り換えでも資金使途の範囲内です。

 

銀行カードローンで一本化のメリット
大口融資ができる

総量規制を気にすることなく、一本化のためであればそれに相応した融資限度額が設定されます。

 

金利が低い

融資限度額に応じた金利が適用されるため、大口になるほど金利が低く返済にかかる利息の負担が軽減されます。

 

返済に自由がある

通常のカードローンとして利用します。カードが発行され、ATMも自由に利用できるため、返済日以外でも余裕があるときには返済を進めることができます。