イオン銀行のおまとめローンが人気の理由

▼人気カードローンランキング
  おすすめ順 金利 限度額
アイフル 3.0%〜18.0% 1万円〜800万円
楽天銀行スーパーローン 1.9〜14.5% 最大800万円
住信SBIネット銀行Mr.カードローン 年0.99%〜14.79% 最高1200万円

イオン銀行のおまとめローンが人気!その理由を探ってみた

 

イオン銀行のカードローンを「おまとめローン」として活用する人が増えており、高い人気を獲得しています。低金利で利用しやすく、銀行のカードローンなのに「借入金返済資金」として利用可能です。

 

イオン銀行のおまとめローンの基本情報

「専用返済計画再編を支援する融資」というコースがある

おまとめローンは年収の3分の1以上を借りることができるという、総量規制の例外貸付です。多重債務状態になったとき、ローンの合計額が年収の3分の1を超えることがあり、このとき債務者には整理をするための方法が法律的に認められますが、これがおまとめローンです。

 

法律上はおまとめローンは「計画返済支援のための融資」と呼ばれます。あまりにも借金がかさんでしまって生活に悪影響が出てしまう人への救済のための融資という位置づけです。返

 

済計画を再編したい人のために例外的に年収の3分の1以上借りて良いとするのが「おまとめローン」で、通常のカードローンとの違いは貸金業法第13条に規定されています。

 

通常のカードローンでは認められない額をおまとめローンという専用コースを設けて貸付して良いとされています。

 

この計画返済支援のための融資は、プロミスやアコム、アイフルなどで提供されています。銀行にも「おまとめローン」というローン商品は提供されていますが、実際には正式に提供しているところは数少ないというのが現状です。

 

「おまとめや借換にも使える」というローンになっているに過ぎません。その数少ない例外が、イオン銀行の「ネットフリーローン」です。

 

このローンは「専用返済計画再編を支援する融資」と公式に記載されています。非常に珍しい存在であり、多額の借金に苦しむ人にとっては救いとなります。

 

金利が低い

イオン銀行のおまとめローンは、様々な専門サイトでも真っ先におすすめされているくらいに有能です。総合的に見てもスペックが高く、「迷ったらこれを使うべき」と評価されています。最もおすすめできるポイントは金利の安さです。

 

他の銀行と比較しても圧倒的に低いと言っていいでしょう。

 

イオン銀行と他行・他業者との比較
商品名 金利(年率)
イオン銀行カードローン 3.8%〜13.5%
楽天銀行スーパーローン 1.9%〜14.5%
オリックス銀行カードローン 1.7%〜17.8%
じぶん銀行カードローン 2.2%〜17.5%
東京スター銀行おまとめローン 5.8%〜14.8%
三井住友銀行カードローン 4.0%〜14.5%
アイフルおまとめMAX 12.0%〜15.0%
アコム借換専用ローン 7.7%〜18.0%
プロミスおまとめローン 6.3%〜17.8%

 

ここで注目しておきたいのは、最高金利です。一般的に、おまとめする業者・銀行との取引実績がなければ、おまとめするときには高めの金利に設定される傾向があります。そういったことを考慮すると、イオン銀行の金利の安さは目立ちます。

 

基本的なスペック

イオン銀行のおまとめローンでは、限度額が高いほど低い金利が適用される仕組みになっています。そのため、消費者金融業者の金利18%で借入しているとき、イオン銀行でまとめると上限金利を適用したとしても、必ず金利は下がります。

 

借換にとって大きなメリットと言えるでしょう。

 

名称 フリーローン(イオンアシストプラン)
金利(年率) 3.8%〜13.5%(固定金利)
資金使途 自由
担保・保証人 不要
借入金額 10万円〜700万円
借入期間 1年以上8年以内
返済方法 毎月元利均等返済
イオン銀行の口座 開設が必要

 

契約した借入額を一括で口座に入金するタイプのローンです。10万円から10万円単位で借入することになっています。返済は基本的に利用者名義の口座から自動引落です。返済日は毎月27日に指定されています。

 

インターネットバンキングやイオン銀行の店舗で一部繰り上げ返済にも対応しています。ネットバンキングでは1円単位での返済もできます。担保や保証人は不要ですが、オリックスクレジット株式会社の保証が受けられることが条件です。

 

イオン銀行でおまとめすると?

消費者金融業者の3社から借入すると、それぞれに金利がかかります。たとえば以下のように金利がかかり、毎月それぞれに返済していく必要があります。

 

借入先 借入額 金利 月々の返済
消費者金融A社 70万円 18.0% 2万2,000円
消費者金融B社 60万円 18.0% 1万6,000円
消費者金融C社 60万円 18.0% 1万5,000円
合計 190万円 5万3,000円

 

このような感じで利用している多重債務の人は多いでしょう。毎月3回返済日がやってきて、5万3000円を用意しなければなりません。イオン銀行で同じ額を借りると、一気に返済は楽になります。

 

イオン銀行では150万円超200万円以下の借入残高では返済の最低額は3万円です。

 

かなりの負担減になります。しかも、イオン銀行では190万円までの借入では金利は8.8%から13.5%に設定されます。最も高い場合でも13.5%ですから、消費者金融業者に比較してもぐっと楽になっています。

 

イオン銀行でおまとめローンを組むには

申し込み条件を確認

イオン銀行のおまとめローンを利用できる申し込み条件は以下の通りです。

 

  • 国内に居住している。
  • 満20歳以上満60歳未満。
  • 昨年度の年収が200万円以上。
  • イオン銀行の普通預金口座を持っている。
  • 安定して継続的な収入がある。

 

条件として示されている最低限度の年収条件を満たしていれば、契約社員やアルバイトでも申し込みできます。年収200万円は月収に直すと16万7000円です。これ以上の安定した月収があれば、年収200万円は到達できる金額です。

 

一般的な職業に就いているのであれば、充分に申し込みは可能でしょう。イオン銀行の口座を持っていなくても、契約までに口座開設すればおまとめローンに申し込むことが可能です。

 

ただし、以下のような場合には申し込みすることはできません。
  • 学生
  • 専業主婦(収入のある主婦は可)
  • 年金受給者
  • 無職

 

Web完結が可能

イオン銀行は全国各地に支店を持っていますが、ネット申し込みにも対応しており、わざわざ店舗に行かなくても契約可能です。口座を持っていない場合は、運転免許証を本人確認書類として提示する必要がありますが、これは郵送ではなくWeb完結で可能です。

 

免許証の画像を撮影またはスキャンして、ホームページのアップロードページで送付します。通常は銀行口座の開設では銀行の支店に行くか郵送で書類を送る必要がありますが、イオン銀行はすべてネットで完結します。

 

ただし、通用するのは運転免許証だけで、免許証以外で申し込みをするにはイオン銀行の店舗窓口に行く必要があります。イオン銀行は元々スーパーマーケットチェーンのイオンが運営していることもあり、土日祝日も営業していますので休みの日に行くことが可能です。

 

基本的には運転免許証があればスムーズに契約まで至ることができます。おまとめローンは高額の契約となりますが、イオン銀行では希望限度額が300万円を超える契約では収入証明書が必要とされています。

 

収入証明書として通用するのは以下のような書類です。
  • 源泉徴収票
  • 直近3ヶ月以内の給与明細書2ヶ月分
  • 住民税の課税決定通知書

上記のうち1点を提示します。

 

保証会社はオリックスクレジット

イオン銀行のローンはイオン銀行またはオリックスクレジット株式会社が審査しますが、おまとめローンの場合にはオリックスクレジットのみの審査となります。

 

おまとめローンの保証会社はオリックスであってイオン銀行ではありません。審査をするのがイオン銀行ではないということが審査に直接影響を与えるということはありません。

 

ただし、オリックスクレジットが審査を行っているカードローンやクレジットカードの審査で否決された経験があるときには、信用情報や個人属性などが改善されていなければ審査はまた否決される可能性が高いです。

 

オリックスクレジット株式会社が保証会社となっているのは以下のような金融機関です。
  • オリックス銀行
  • 住信SBIネット銀行
  • りそな銀行
  • 埼玉りそな銀行
  • 大垣共立銀行

 

前年度の年収をチェックされる

イオン銀行のおまとめローンの申し込みで注意したいのが「前年度の年収をチェックされる」という点です。アルバイトでも契約社員でも申し込みは可能ですが、少なくとも1年は勤めていないと申し込みができないということです。

 

サラリーマンなら1年以上勤めて、1回は年間の源泉徴収票をもらっている必要があります。4月入社の場合には、その年の源泉徴収票は少なめになります。転職でも同様です。

 

原則的に年収が200万円以上あることが条件ですのでそれほど困難ではありませんが、前年度の収入で審査するので注意しましょう。

 

逆に「前年度に収入があれば良い」のであって、主婦でも仕事をしているという人、自営業者、アルバイトでも審査に通過できる可能性があります。

 

在籍確認あり

イオン銀行のローンの審査は原則的に職場への在籍確認があります。これは担当者が個人名で申込者を呼び出してもらうという形の電話連絡をするものです。

 

審査の内容によっては省略されることもありますが、基本的には職場への連絡はあると考えましょう。在籍確認で申込者が勤務している実態が確認できなかった場合には審査で否決されます。

 

在籍確認はローンの審査では重視される要素で、返済能力に関わる事項とされています。申込者は自分の職場を申告しますが、この申告が正しいかどうかを判断するための作業です。

 

もし、申告された場所で働いていないときには返済能力がないに等しい扱いになります。そのため、イオン銀行のほうでも在籍確認は必ず実施します。

 

在籍確認といっても本人が電話に出なければならないということはなく、電話に出た人が「今席を外している」「外出中」などと返答すればそれで確認が取れたことになっています。

 

回答は即日・融資まで1週間

審査の結果は即日で回答が出ます。午後2時までの申し込みならその日のうち、それ以降は翌営業日の連絡となります。銀行のローンで即日で審査結果が出るというのは珍しく、その意味ではスピーディと言えます。

 

その後は書類の送付が行われることになっており、郵送でやり取りをします。返送してから、早ければ1週間ほどで融資額が入金されます。消費者金融業者のように即日融資ではないので注意しましょう。

 

申し込みから実際に利用可能な状態になるには、多少の日にちがかかります。余裕のないときには使いにくいですが、金利面では非常に有利ですので日程を調整して申し込むようにしましょう。

 

イオン銀行のおまとめローンの審査は厳しい?

若干厳しめ

一般的に、おまとめローンの審査は通常のカードローンの審査よりも厳しめになります。おまとめローンは高額の融資になるため、銀行側も慎重に審査します。

 

多少の厳しさはありますが、基本的にはフリーローンという扱いですので、信用情報に問題がなく借り入れしている返済先に毎月しっかり返済できていれば審査には通過できる可能性が高いです。

 

信用情報では、返済の遅れがないことや、過去に自己破産などの債務整理を行った情報がないことが重要です。一般的に返済の遅れは2ヶ月で「延滞」扱いになります。

 

延滞や返済遅延はおよそ5年の間は情報が消えません。自己破産は10年です。この期間を過ぎていれば申し込み可能になります。

 

イオン銀行のおまとめローンは、銀行のものとしては珍しく「計画返済支援のための融資」として公式に記載しています。

 

この点から見ても、なるべく貸す方向だろうと推測されますが、年収から見てあまりに高額の融資を希望したり、信用情報機関にネガティブ情報が登録されていれば審査は否決されます。

 

おまとめローンと申告すること

イオン銀行のおまとめローンを申し込むうえで大切なのは、利用目的で「借入金返済資金」を選択することです。これを選択しないと、総量規制に抵触する借入のときに審査は否決されます。

 

銀行のローンは法律上は貸金業法と無関係ですが、近年は金融庁の指導もあって厳格化の傾向があり、特に年収の3分の1を超える貸付を禁止した総量規制に抵触しないようにしています。

 

おまとめローンはその例外的な措置ですので、申し込みのときには「おまとめローンとして申し込む」ことを意思表示する必要があります。もし利用目的のところで別のものを選択すると、審査では非常に不利です。

 

おまとめローンに申し込むということは、すでに他社からの借入が相当ある状態です。その状態で、おまとめ目的以外で借入しようとするのは危険です。イオン銀行の申し込みでも、資金使途を「借入金返済資金」として入力しましょう。

 

おまとめギリギリで申し込む

おまとめローンで申し込むときの希望借入額は、そのときの借入の合計額と同じものにしましょう。その金額は総量規制に抵触しているものであっても正直に申告して、希望額をそれと合わせます。

 

イオン銀行のおまとめローンは10万円以上で10万円単位で限度額が設定されます。自分の希望額も、借入金額の合計を10万円単位で切り捨てまたは切り上げした額を希望額としましょう。

 

イオン銀行のおまとめローンはフリーローンですので、希望額は自由に設定して良いはずですが、「借入金返済資金」として申し込むので、その目的に沿った額を希望しておきます。

 

多少の幅は良いだろうと考えて余計に借りようとしないようにしましょう。銀行は貸しすぎを抑えるために、個人向け融資を拡大させない方向性です。

 

イオン銀行は例外的におまとめローンを提供しているというだけですので、過剰な借入金額で申し込むことのないように気をつけましょう。

 

他社返済の遅延をしない

他社の返済に遅れているときには、イオン銀行のおまとめローンの審査も通りません。返済日を過ぎてもまだ返済していないものがあったら、その情報はイオン銀行のほうでも共有されています。返済遅延のない綺麗な状態で申し込みをしましょう。

 

おまとめローンの検討をしているということは、すでに借金の返済に困っている状態です。だからといって、おまとめローンに申し込んだから他は放置していいとはなりません。

 

他社・他業者からの返済に行き詰まっているときには、「利息だけ返済すれば延滞扱いにはしない」という制度を採っている業者には利息だけでも返済しましょう。多くの消費者金融業者がこの制度を採り入れています。

 

利息だけ返済するわけですから、元金はまったく減りません。ただ、一応「返済はした」という扱いになります。通常は返済日から61日以上の遅れは延滞という扱いになりますが、利息だけ返済していればそうならないことがあります。

 

多くの業者で実施されていますが、電話連絡が必要である業者もあります。良く調べて返済の遅延がない状態で申し込みしましょう。

 

まとめ

イオン銀行のおまとめローンは、他社への借入金の返済資金として利用可能とされている銀行ローンです。

 

金利も安く、審査もあまり厳しくないことが推測されており、狙い目のおまとめローンと言えるでしょう。

総量規制対象外おすすめランキング