エコキャッシングは総量規制の対象?4つのローン商品をうまく活用しよう。

エコキャッシングは総量規制の対象?4つのローン商品をうまく活用しよう。

4つのローン商品を取り扱っているため、自分の状況に合わせて借入を行うことができるエコキャッシング。それぞれが特徴の違うローン商品なので、上手く活用すれば、資産運用に役立つでしょう。

 

そんなエコキャッシングですが、取り扱っているローン商品は総量規制の対象なのでしょうか。4つのローン商品の特徴と合わせて解説していきます。

 

キャッシングは総量規制の対象

エコキャッシングのローン商品の中、借入することで現金を直接受け取るキャッシングに関しては総量規制の対象となります。

 

キャッシングは借入できる金額には上限があり、個人によって上限も異なるので、慎重に借入を行う必要があるのです。

 

エコキャッシングのフリーローンは総量規制の対象

エコキャッシングの総量規制の対象となっているのが、フリーローンのローン商品になります。総量規制では借入が可能な融資上限は前年度年収の1/3までです。

 

原則として総量規制以上に借入を行うことはできず、総量規制を超えて借入を許してしまうと、消費者金融会社が処罰の対象となることから、審査は厳しく行われています。

 

エコキャッシングのフリーローンは融資限度額が100万円までとなっていますが、総量規制の観点から、満額借入することができない方もいるので、キャッシングを行う際には注意が必要です。

 

金利は12.0%~18.0%となっていて、他の消費者金融と金利の観点ではあまり変わらないといえます。

 

銀行カードローンも総量規制の対象

今では銀行カードローンは総量規制の対象外として、借入を行う方が多数いました。しかし、2017年4月からは多重債務者が増えている傾向から、問題が深刻化するようになり、対策として銀行カードローンも総量規制の対象となっています。

 

今では、銀行カードローンと消費者金融から借入した分が、総量規制の対象として認められているので、借入できる金額も比較的少なくなり、審査も厳しくなっているのが特徴です。

 

再度キャッシングを行うためには、まずは少しでも返済を行い、返済負担が少なくなってからではないと、借入ができなくなっているので、キャッシングを行う際には借入上限には気を付けないといけません。

 

総量規制の対象外となるローン商品

キャッシングからの借入は、総量規制の対象となっているため、融資額は年収の1/3のみになります。しかし、中には総量規制の対象外となっているローン商品もあり、上手く活用すればお金に困っている時に、大きな助けになってくれるので覚えておいて損はありません。

 

まず総量規制の対象外となっているローン商品の一つがおまとめローンです。

 

おまとめローンは、キャッシングで借入した分の返済を一本化することができるため、月々の返済負担を減らすことができます。返済専用ローンとなっているので、自由に借入することができないローン商品なのが特徴です。

 

クレジットカードのショッピング枠も総量規制の対象外となっています。そのため、キャッシングで総量規制以上に借入できない状況でも上手く活用すれば、助けになってくれるでしょう。

 

住宅ローンについても、直接現金を受け取らない目的に応じて借入する返済専用ローンとなっているため、総量規制の対象外であるローン商品となっています。

 

エコキャッシング4つのローン商品

消費者金融であるエコキャッシングには、4つのローン商品が取り扱われています。それぞれ違う特徴を持っているローン商品なので、都合によって借入を行うことが可能です。

 

4つのローン商品の特徴を解説していくので、借入を行いたい方は参考にしてみてください。

 

フリーローン

エコキャッシングを利用する方の多くが契約するフリーローンは、キャッシングを行い、必要な借入を行うことができるローン商品です。

 

融資は10万円〜100万円の中から、審査によって借入できる金額が変わります。他社借入金額が多い場合は、審査で通らないか、利用できる金額が少なくなってしまう傾向にあるので、審査を受ける前に借入状況を確認しておくといいでしょう。

 

無担保でキャッシングが行える用途も自由なローン商品となっているので、計画的に活用することが可能です。

 

おまとめローン

エコキャッシングのおまとめローンは、金利が低く、返済が一本化できることから、人気のローン商品となっています。

 

金利は7.3%~15.0%と比較的金利が低いため、月々の返済負担も少ないのが魅力です。しかし、他社から借入している分を一本化することで、月々の返済金額は減りますが、その分利用日数が増えて、利息が高くなってしまいます。

 

最終的に完済するまで、金額が高くなることを想定しておまとめローンを契約する必要があるので、利用するには注意が必要です。

 

ビジネスローン

事業資金や会社の運用資金として借入することができるビジネスローンは、企業だけなく個人経営者の方も借入することができます。

 

融資限度額も100万円〜3,000万円となっていて、審査によっては高額借入も可能です。ビジネスローンは事業性融資の観点から、総量規制の対象外となっているため、借入希望額が高額でも審査に通ることがあります。

 

金利は借入金額が高額であるほど優遇され、4.5%〜15.0%と比較的低く設定されているのもメリットの一つです。

 

不動産担保ローン

自分の持っている土地や建物といった、不動産を担保に借入を行うことができるローン商品です。担保にする不動産にもよりますが、融資限度額は高額であることが多く、審査によって100万円〜3,000万円の中から融資額が決まります。

 

担保にする財産があるという認識から、返済能力があると判断されるため、不動産担保ローンの借入は、総量規制の対象外となるので、希望借入額が高額でも審査に通るはずです。

 

しかし、高額で借入するほど、月々の返済負担が大きくなるので、借入する金額は計画的に返済できる額を指定しましょう。

 

エコキャッシングの特徴

ローン商品を複数用意しているエコキャッシングは、自分の都合に合わせて、借入の種類を選べるので、便利です。そんなエコキャッシングの特徴は、どんなものがあるのでしょうか。

 

返済は指定口座の振込

エコキャッシングの返済は、指定された銀行口座に振込を行う必要がありますが、どのATM機からでも可能なので、専用ATM機で返済する手間などがありません。

 

また、融資に関しては、口座を指定すれば振込を行ってくれるため、カードローンのように、手元にキャッシングを行ったという証拠が残らないのがメリットです。

 

指定口座への振込であれば、キャッシングを行ったことも周囲にバレないので、家族に秘密で借りたいという方にはおすすめの消費者金融といえます。

 

ただ、振込を行ってもらう必要があるため、借入を行うことができるのは、銀行が稼働している時間帯のみになっているので、いつでも借入を行えるということではありません。

 

ローン商品が豊富

エコキャッシングは4つのカードローンが取り揃えられているため、自分の都合に合わせて借入を行うことが可能です。

 

特におまとめローンやビジネスローン、不動産担保ローンについては、総量規制の対象外となっているため、高額な借入が可能なケースもあります。

 

どれも審査は厳正に行われるので、希望の額を融資してもらえるかはわからないため、他社借入数や借入金額などの、個人の借入状況は確認しておきましょう。

 

HPで無記名診断や返済シミュレーションが可能

エコキャッシングのHPでは、無記名診断の機能が搭載されていて、他社からの借入金額や借入数を入力することで、エコキャッシングの審査が通るか、診断することができるようになっています。

 

審査を通す前に確認することができるため、実際に電話などで受付する前に、融資してもらえるか、簡単な参考にすることが可能です。

 

また、HPでは返済シミュレーションを行うことも可能で、利用したい商品を選んで、希望融資額から、返済回数を入力して月々の返済はいくらになるのか、事前に確認しておくことができます。

 

便利な機能なので、エコキャッシングで審査を通す前に事前に確認用として利用してみるといいでしょう。

 

他社のおまとめローン

エコキャッシングにもおまとめローンはありますが、審査が通るか、また信頼できる内容なのかは別の話になります。

 

おまとめローンを取り扱っている消費者金融で、審査が通りやすく、信頼できる他社の消費者金融を紹介していくので、おまとめローンを検討されている方は参考にしてみてください。

 

アイフル

大手消費者金融であるアイフルでは、おまとめMAXとかりかえMAXというおまとめローンを取り扱っています。大手だからこそ、多くの方が利用しているおまとめローンなので、商品自体は信用できるものであることがいえるでしょう。

 

また、おまとめMAXの方は金利も12.0%〜15.0%と、比較的金利が低いのも魅力になっているので、利用してみることをおすすめします。

 

他社借入数が多くても、アイフルであれば審査も通りやすいと言われているので、まずは相談してみるといいでしょう。

 

中小消費者金融

中小消費者金融でもおまとめローンの取り扱いは行われています。審査は比較的通りやすいと言われていることから、多くの方が利用しているのが特徴です。

 

しかし、正規の消費者金融であるか確認する必要があるため、信用度が低いのが欠点となっていて、金利も高めに設定されていることから、わざわざ中小消費者金融でおまとめローンを契約するメリットは少ないでしょう。

 

ただ、債務整理中でも申請することができるという、柔軟な対応を行っている中小消費者金融もあるため、困った時は一度相談してみるのも一つの手です。

 

エコキャッシングは高額借入も可能な消費者金融

4つのローン商品を取り扱っているエコキャッシング。高額な借入も可能であることから、自分の都合で借入を選択できるのが大きな魅力となっています。

 

フリーローンでのキャッシング以外は、全て総量規制の対象外となっているローン商品なので、柔軟な対応が可能なのも大きなメリットです。

 

借入を希望している方は、自分の希望が通るか、エコキャッシングのHPで無記名診断を行ってみるといいでしょう。

 

総量規制対象外おすすめランキング