ダイレクトワンは総量規制の対象となる?豊富なラインナップを紹介

ダイレクトワンは総量規制の対象となる?豊富なラインナップを紹介

スルガ銀行という、静岡県が拠点の銀行のグループ会社が運営しているダイレクトワン。様々なローン商品の取り扱いが行われているため、多くの方が利用しているといいます。今回は、そんなダイレクトワンは総量規制の対象となっているのか、詳しく解説していきましょう。

 

ダイレクトワンのキャッシングは総量規制の対象

ダイレクトワンは、複数のローン商品を取り扱っていますが、キャッシングで借入した金額については総量規制の対象となります。

 

2017年4月から銀行カードローンについても、総量規制の対象となっているので、間違えないように覚えておきましょう。

 

借入金額は前年度年収の1/3のみ

総量規制の対象となるのは、キャッシングで借入を行った金額の分で、総量規制の観点から、借入できるのは前年度年収の1/3のみと決められています。

 

総量規制以上に借入を行うことはできず、貸金業法の決まりから、前年度年収の1/3以上を貸付けると違法に問われることもあり、銀行・消費者金融会社も厳しく取り締まっているのが現状です。

 

総量規制の取り締まりが特に厳しくなったのは、多重債務による問題が深刻化してきたからと言われています。まずは、少しでも返済を行い、返済負担を軽くしてから再度借入を行うような仕組みになっているので、基本的に総量規制以上にキャッシングを行うことはできません。

 

融資限度は300万円

ダイレクトワンのキャッシング融資限度は300万円あるため、十分な融資を受けることが可能です。しかし、借入できる金額は、総量規制の範囲内なので、300万円満額をキャッシングすることは難しいでしょう。

 

また、借入することができる金額は、自分の年収1/3という観点だけでなく、他社から借入している金額も審査の対象になるので、他社からいくらか借入している場合はダイレクトワンからの借入金額も少なくなるかもしれません。

 

ただ、安定した収入があると認識されれば、審査が通りやすいのもダイレクトワンの魅力なので、急な借入が必要になった場合は、融資の相談をしてみるといいでしょう。

 

金利が高くなるケースがある

消費者金融会社から借入を行う場合、気になるのが金利がどれくらいかかるのかという点です。大手消費者金融会社であれば、18%が上限であることがほとんどですが、ダイレクトワンは、10万円未満の借入は20%もかかります。

 

少額でもキャッシングできるのが、ダイレクトワンの魅力の一つですが、金利が高くなると、今後の返済が苦しくなることもあるため、注意が必要です。

 

10万以上の借入の場合は、金利が18%上限になっているので、借入を行う状況によって、金利を見直す必要があるでしょう。

 

ダイレクトワンの4つのカードローン

ローン商品を複数取り扱っているダイレクトワンには、4つのカードローンが存在しています。それぞれ、用途によって違いがあるので、自分が利用したいカードローンは、どんなものなのか見極めることが重要です。

 

4つのカードローンの特徴を解説していくので、参考にしてみてください。

ダイレクトワン

ダイレクトワンの中でも、人気が高く使い勝手のいいのがキャッシング機能の「ダイレクトワン」です。少額でも借入が可能で、1万円から利用できるなど、柔軟な借入ができます。

 

パート主婦やアルバイトの方でも、安定した収入があれば、審査が通りやすく、誰でもキャッシングを行う可能性があるのが、ダイレクトワンの魅力です。

 

借入が10万円以下であれば、月々の返済が4,000円で済むため、返済負担も最小限に済みます。しかし、10万円未満の借入は、金利が20%になるため、最終的な返済額が高くなるのには注意が必要です。

 

女性のためのカードローン「Lady 1st(レディーファースト)」

基本的な内容はキャッシング機能の「ダイレクトワン」と一緒ですが、受付スタッフが女性であるため、女性でも気軽に相談や申し込みを行いやすいのが「Lady 1st(レディーファースト)」です。

 

初めての借入の場合は、不安なことも多いですが、女性スタッフが親身になって話を聞いてくれるため、安心してキャッシングすることができます。

 

借入も1万円からできるのも魅力で、パート主婦やアルバイトの方でも安定した収入があれば、キャッシングが可能です。女性のためのカードローンと言われているので、まずは気軽に相談してみるといいでしょう。

 

ペットオーナーのための「ペットオーナーズ」

ペットの医療費やホテル代など、ペットを飼うにはお金がかかることが多いのが悩みです。そういったペットに関しての費用をカードローンで借入することができるのが「ペットオーナーズ」になります。

 

他にも、ペットを飼う上でかかる日常的な費用に関しての借入も可能なので、柔軟な対応が可能なカードローンです。

 

利用限度額は50万円までと、限度額は通常のキャッシング機能よりも少ないですが、金利は4.9%〜17.0%と金利が抑えられるのが魅力になっています。

 

急な手術で高額な費用が必要になった時や入院費が足りないという時は利用してみるといいでしょう。

 

返済をまとめる「借り換えローン」

他社からキャッシングしている借入分の金額をまとめて返済するために、総量規制以上に借入することができるのが「借り換えローン」です。

 

総量規制の対象外となっているローン商品なので、総量規制限度も借入して返済に困っている方は、利用してみることをおすすめします。

 

他社借入している分を一本化して返済することができるため、月々の返済負担を軽減させることが可能です。しかし、月々の返済が少なくなることで、利用日数が増えていき、利息が大きくなることが考えられるので、最終的な金額が高くなることについては覚悟しておかないといけません。

 

ダイレクトワン総量規制の対象外ローン商品

4つのカードローン以外にも、ダイレクトワンのローン商品はあります。どれも総量規制の対象外となっているので、適応しているローン商品があれば、利用してみるのもいいでしょう。

 

どんなローン商品があるのか、紹介していきます。

 

個人経営者向けの「自営業者サポートローン」

自営業で運営資金や資金不足で悩んでいる方のために、個人経営者を支援してくれる「自営業者サポートローン」がダイレクトワンで提供されています。

 

20歳以上の個人事業者を対象としているので、個人事業を展開している方であれば、誰でも審査を受ける資格があるのです。

 

しかし、総量規制の対象外といっても、確定申告書の提出が必要であり、審査次第では融資を受けることができないこともあるので、注意が必要になります。

 

融資限度額は300万円で、金利は7.5%〜20.0%です。

 

車ローンにおすすめ「オートローン」

車の購入には多額の費用がかかります。購入費用に困った時に組めるローンとして「オートローン」がダイレクトワンから提供されているので、一度相談してみるといいでしょう。

 

総量規制の対象外とされていて、目的に応じてローンを組めますが、返済専用のローンとなっているため、自由にお金の借入を行うことができないので注意が必要です。

 

車検費用や車の修理代でも組めるローン商品なので、車関係で費用に困った場合は、相談してみるといいでしょう。

 

融資限度額は300万円で、金利は4.9%〜20.0%となっています。

 

学費を助ける「教育ローン」

こどもの教育関係の費用に役立つのが「教育ローン」です。私立学校の入学費や塾の費用に充てることができるので、教育費に困った時は頼ることをおすすめします。

 

こどもの教育以外にも、英会話スクールの受講料やパソコンの資格取得にも活用することができるため、幅広い使い方が可能です。

 

お金がなくて学習することを諦めていた方でも、融資をしてもらうことで、新しい道が切り開けるので、悩んでいれば、一度相談してみるといいでしょう。

 

融資限度額は300万円で、金利は4.9%〜20.0%となっています。

 

ダイレクトワンを利用するメリット

様々なローン商品を取り扱っているダイレクトワンは使い勝手がいいと人気がありますが、具体的にはどんなメリットがあるのでしょうか。詳しいメリットを解説していくので、融資を検討している方は参考にしてみてください。

 

即日融資が可能

ダイレクトワンは、審査スピードが早く、うまくいけば即日融資をしてもらうことが可能です。すぐに借入したいという方には大きなメリットとなるでしょう。

 

申込はインターネット・電話でも可能で、店頭窓口でも行えます。即日融資してもらいたいのであれば、申し込んだ後に店頭でカードを発行してもらえば、30分で借入することが可能です。

 

1万円から借入できるなど、少額のキャッシングにも対応しているため、気軽に相談できる消費者金融の一つといえるでしょう。

 

しかし、金利が高くなってしまったり、総量規制の対象となっているので、借入する金額や融資限度はしっかり把握しておくことが重要です。

 

豊富なラインナップ

ダイレクトワンの魅力は何といっても、豊富なラインナップで自分の都合に合った内容で、カードローンなどを契約することが可能な点です。

 

4つのカードローンに加え、総量規制の対象外商品も取り扱っているのは、消費者金融の中でも珍しいといえます。

 

しかし、おまとめローンに関しては、他の消費者金融と比べても金利が高い傾向にあり、使い勝手が悪いと感じることもあるでしょう。おまとめローンについては、アイフルのおまとめローンが金利も安く、融資限度額も高いのでおすすめです。

 

一度他社のカードローンと見比べてみて、それぞれの特徴を理解した上で、自分に合ったサービスは何か考えてみるといいでしょう。

 

ダイレクトワンのローン商品は様々な用途に対応

ダイレクトワンのキャッシングは、総量規制の対象となっているため、借入する金額は決められています。しかし、総量規制の対象外である借り換えローンを含め、他のローン商品をうまく活用していけば、足りない費用を補うことが可能です。

 

また、女性のスタッフのみが受付しているカードローンもあったりと、柔軟な対応を行ってくれるのもダイレクトワンの魅力になっています。

 

様々な用途に合わせて対応してくれるローン商品が取り揃えられているので、一度借入の相談をしてみて、自分の理想の借入が可能か聞いてみるといいでしょう。

総量規制対象外おすすめランキング