中小消費者金融セントラルからの借入は総量規制の対象外?

中小消費者金融セントラルからの借入は総量規制の対象外?

昭和48年に創業されたセントラルは、大手消費者金融には規模で負けるものの、サービスの内容や対応のよさから評価されている中小消費者金融の一つです。

 

今回は、そんなセントラルの借入は総量規制の対象外なのか、詳しく解説していきます。借入を検討している方は、参考にしてみてください。

 

セントラルのキャッシングは総量規制の対象

中小消費者金融では、おまとめローンなどで総量規制の対象外になっているローン商品もありますが、セントラルはどうなのでしょうか。キャッシングや他のローン商品について紹介していきます。

 

キャッシングは上限が決められている

中小消費者金融の中でも人気のあるセントラルですが、消費者金融である限り、キャッシングは総量規制の対象となります。

 

貸金業法で定められていることなので、セントラルも例外ではありません。違反すると、借入をしたこと自体が違法になってしまうので、どの消費者金融でも取り扱いは厳しいのが特徴です。

 

総量規制は前年度年収の1/3までの借入を認めるという法律なので、前年度年収の1/3を超えるキャッシングはセントラルでは行っていないので、覚えておきましょう。

 

おまとめローンはなし

総量規制以上に借入を行うことができるおまとめローンは、返済専用のカードローンですが、金利も低い傾向にあり、他社借入分もひとまとめにすることが可能なので、1ヶ月の支払いを減らせることができます。

 

総量規制の対象外のローン商品でもあるため、利用するには便利ですが、セントラルにはおまとめローンの取り扱いはありません。

 

セントラルで取り扱っているのは、キャッシングのみなので、おまとめローンを希望しているのであれば、他社のおまとめローンを利用することをおすすめします。

 

ショッピング枠はなし

おまとめローンのように総量規制の対象外であるショッピング枠。直接現金を借入するタイプではなく、返済専用のローンになっているため、総量規制の対象とはなっていません。

 

総量規制の決まりによって、借入が上限に達してしまった方には、ショッピング枠は便利な機能ですが、セントラルのカードローンはキャッシングのみとなっているため、ショッピング枠を使用することができないのが特徴です。

 

利用者の都合にあった3つのセントラル商品

中小消費者金融の中でも人気のあるセントラルですが、総量規制の対象外になっている商品は扱っていません。

 

しかし、それでも人気なのは、使い勝手のいいローン商品が取り揃えられているからです。どんなローン商品があるのか、詳しく解説していきます。

 

振込キャッシング(ネット 申し込み)

セントラルのローン商品の中には、来店不要で即日振込対応してくれる「振込キャッシング」があります。すぐに現金が必要な方におすすめのローン商品で、セントラルの人気商品です。

 

都合があって来店することができなかったり、家族には内緒でキャッシングを申し込みたい時にも便利なサービスなので、使い勝手がいいのが「振込キャッシング」の魅力になっています。

 

スマホやパソコンに必要事項を記入して、審査が通れば即日振込が可能です。しかし、午後2時以降の受付になると、翌日振込になってしまうので、当日振込を希望する場合は、早めに受付を済ませるようにしましょう。

 

自動契約機「セントラルくん」

誰にも知られずにキャッシングを利用できる商品で、無人であるために、自分のタイミングで契約を結ぶことができる自動契約機「セントラルくん」。

 

年中無休で対応してくれる自動契約機なので、困った時にすぐに頼れるのが大きなメリットです。しかし、利用できる時間帯は8:00~21:00までなので、時間帯は意識する必要があります。

 

また、相手がいない自動契約機が相手でも、審査は通常と変わらないので、必要な書類は用意しておくようにしましょう。

 

審査が通れば、その場ですぐにカードが発行できるので、借入上限内でキャッシングを行うことができるようになります。

 

カードローン「マイレディス」

女性がキャッシング契約を行いやすいように、女性スタッフが親身に受付を行ってくれる「マイレディス」。女性のためのカードローンといえるので、キャッシングに関して相談したいことがあれば、気兼ねなく相談することが可能です。

 

「振込キャッシング」と同様に、来店不要で電話で受付が行われます。即日振込を行ってもらえるので、当日にお金が必要になった方の強い味方です。

 

しかし、午後2時以降の受付になると、翌日の振込対応となるため、即日振込が希望であれば、午後2時までに受付を行う必要があります。

 

総量規制の対象外となるもの

セントラルでは総量規制の対象外となるローン商品は取り扱われていませんが、そもそも総量規制の対象外となるローン商品とはどんなものがあるのでしょうか。

 

総量規制の観点から、例外や除外となっている総量規制の対象外になっているローン商品を解説していきます。

 

住宅ローンやマイカーローン

キャッシングなどの自由に借入することができるカードローンに関しては、総量規制の対象となりますが、住宅ローンやマイカーローンなどの目的に応じて借入する返済専用のローンは総量規制の対象外のローンとなっています。

 

特に住宅ローンについては、土地購入やリフォーム費用の際に組んだローンも総量規制の対象外となるので、キャッシングを借入する際には上限に影響しないのが特徴です。

おまとめローンやショッピング枠

総量規制の対象外として扱われているローン商品は、おまとめローンとクレジットカードのショッピング枠が代表的です。

 

おまとめローンは、返済専用のカードローンであるため、自由な借入を行うことができませんが、他社からの借入分を一本化することが可能なので、1ヶ月の返済金を減らして負担を軽減させることができます。

 

特に、金利が低いと人気のアイフルのおまとめローンがおすすめです。

 

また、クレジットカードのショッピング枠のように、直接現金を借入するのではなく、買い物の時に返済専用のローンとして使用するものに関しても、総量規制の対象外となっています。

 

銀行カードローンは総量規制の対象

2017年4月以前までは、銀行カードローンも総量規制の対象外としてキャッシングを行うことは可能でした。そのため、銀行カードローンでキャッシングしていても、消費者金融から借入するキャッシングに干渉することはなかったのです。

 

しかし、2017年4月以降からは自主規制により、総量規制の決まりが厳しくなって、銀行カードローンに関しても、総量規制の対象として認められるようになります。

 

銀行カードローンが総量規制の対象となったのは、多重債務の問題が大きくなってきたためです。

 

今後は、借入したいのであれば、出来るだけ返済負担が少なくなってから、再借入をするように、総量規制の取り締まりが行われています。

 

セントラルは総量規制の対象でも女性向きのカードローン

中小消費者金融の中でも評価が高いセントラルですが、総量規制の対象外ローン商品は取り扱っていないことがわかりました。

 

しかし、それ以上に、使い勝手のいいカードローンであることから、多くの利用者を集めることができています。

 

大手では当たり前になっている「振込キャッシング」も、スマホやパソコンで契約を結ぶことができ、さらに即日振込をしてもらえるのは、急にお金が必要な時に助かるサービスです。

 

また、女性がキャッシングを行う時は、不安で相談したくなることもあるでしょう。そういった時に「マイレディス」を活用すれば、女性スタッフが対応してくれるので、安心して利用することが可能です。

 

すぐに融資して欲しい時に便利なので、困った時にセントラルに相談すれば、解決してもらえるでしょう。

 

 

総量規制対象外おすすめランキング